頼り合うことの意味を知ろう?!そして知識を得て成長につなげよう!!

【PR】スポンサーリンク
5766社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

頼り合うことの意味を知ろう?!そして知識を得て成長につなげよう!!

はじめに

人に頼る事は甘えの様に捉われがちです。

なぜ、甘えと捉えられるのでしょうか?

それは「頼る事」と「頼り合う事」が、混同されてしまっているからです。

また、学生時代の「宿題」の制度もあるでしょう。

知識を刻むには、自分で経験をしないといけません。

従って、宿題を自分で行う事により、知識として蓄えて行くのです。

しかし、友人と得意分野を交互に教え合う行為、こうした経験のある方は、頼り合う事の本当の意味を知っているでしょう。

お互いに頼り合うという事は、お互いの良いところを引き出しあいながら、良い成果を出す事と認識すべきです。

頼る事で得る物

「頼る」とは、助けて貰う前提で寄り掛かったり、頼みとする事です。

従って自分が困った時に、一方的に誰かに何かを行なって頂く事なのです。

得る物としては、「窮地からの脱出」や、お仕事であれば「成果」となるしょう。

「頼る事は甘え」と言われ理由は、この部分にあるのだと思われます。

頼る事で損をする事

誰かに頼る事は、「一方的に得る事」の行為の様に感じますが、一つだけ得られない事があります。

それは「経験」です。

誰かを頼る事で、「頼った部分の経験」をする事ができません。

従って、頼りっぱなしでいると、「頼った部分」について理解をする事ができなくなってしまうのです。

もちろん、自分には分からないので誰かを頼るので、ずっと知らないままでも良いのかも知れません。

頼られる方は負担しかない

一方的に「頼りにする」行為は、「頼られている方」に何も得がなく、負担しかありません。

そして、「頼られている方」にもすべき事があるので、徐々に「頼られる事」を煩わしく思ってきます。

「頼られている方」が頼れなくなった時に、初めて「頼ってきた部分」を自分で解決しなくてはならなくなります。

しかし、今まで「頼るだけ」だったので、解決をする方法が分かりません。

「窮地からの脱出をする事」も「成果を出す事」もできなくなります。

頼った事は必ず学ぶ

「一方的に頼りにする」事は、「今だけを凌ぐ」事を前提とする方が多いと思います。

しかし、頼って何とかして頂いた事については、必ず「どの様に解決をしたのか?」を確認しましょう。

自分では分からず、誰かを頼って解決したのですから、「分からない部分を補う事」が重要なのです。

「頼る事」は、決して悪い事ではありません。

「頼る事」は、知らない事を「学ぶ」良い機会なのです。

自分が分からない部分を補強する為に、「頼る事」は行うと考えましょう。

頼り合う事とは

「頼り合う」とは、一方的に「頼りにする」とは異なります。

自分が知っている分野で、誰かが困っているのであれば、「頼りにされる」事となるでしょう。

「頼りにしたり」「頼りにされたり」、そうして不明だった部分をお互いが補い、学習をして成長をしていく事が「頼り合う理想の形」なのです。

お互いを尊敬しあう

頼り合う為には、前提があります。

それは、「お互いを尊敬しあう」事です。

自分には分からない部分を補い合うのですから、「頼りにする人」に対して、信頼をする必要があります。

そして、信頼の証として尊敬をするのです。

この気持ちが抜けてしまうと、信頼は崩れてしまいます。

そして、「頼り合う事」は難しくなってしまいます。

「頼り合う事」は、互いを信頼し、尊敬をしあう事で成り立つ関係なのです。

信頼と尊敬の先、個性から学ぶ

互いを信頼し、尊敬し合っていても、時が経つと徐々にその関係が崩れてしまう可能性があります。

「頼り合う」関係の中で学び、そして知識が積み重なってくると、知識の差がほとんど無くなってしまいます。

そうすると、「頼る事の意味がない」と考えるようになります。

もし、そこまで成長をする事が出来たのであれば、「個性」を頼りにしましょう。

どの様な学びであっても、「個性」は人ぞれぞれの物です。

その「個性」から生まれる考え方を自分の考えの中に取込み、混ぜ合わせる事で、自分では考える事の出来なかった事も、思いつくかも知れません。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

仕事をしていると、お願いばかりされる事があります。

これを「頼りにされている」と勘違いをし、張り切ってしまう場合があります。

確かに、「頼りにされる事」は信頼の証しなのかも知れませんが、お願いばかりされているのは、「良い様に扱われているだけ」の場合がほとんどなので、注意が必要です。

もし、心当たりのある方は、こちらからも何かをお願いしてみましょう。

断れた場合は、「頼り合う事」は絶望的です。

「良い様に扱われているだけ」なので、その関係を精算する方向に、考えた方が良いでしょう。

お仕事をする上で、「頼り合う事ができる関係」は非常に重要です。

是非、その様な関係を築いて頂ければと思います。

重ね重ねとなりますが、頼って知り得た事を自分に取り込む事を忘れないで下さい。

「頼り」にする事は「甘える事」ではなく、「自分の成長の糧を得る」と考える様にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました