誰にでも尊敬される為に「感謝」と「謙虚」と「思いやり」を意識しよう!!

【PR】スポンサーリンク
1761社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

誰にでも尊敬される為に「感謝」と「謙虚」と「思いやり」を意識しよう!!

はじめに

特殊な事をしていない限りは、誰でも人に尊敬される人でありたいと思います。

尊敬される人は、人柄が良く参考にしたい人物として印象に残ります。

また、嫌われるよりは、好かれていた方が、生活の中で様々な恩恵を受ける事ができます。

しかし、自分がその様な人間になれるのかは、分かりません。

むしろ、どの様に振舞ったら、尊敬できる人に近続けるのか、悩んでしまいます。

今回は、尊敬される人になる為のポイントについて、投稿致します。

感謝とは

感謝とは「ありがとう」を示す言葉です。

他人に何かをして頂いて当たり前と思っている方や、何かをして頂いた事にすら気が付かない方がいます。

その様な人をどの様にしたら、尊敬できるのでしょうか?

上司や先輩であれば、取り敢えず言われる事は聞くと思いますが、目標とする人物像にはなり得ません。

他人にして頂いた事に対しては、感謝をする様にしましょう。

この世の中、何かをした結果のお礼で、嫌な気持ちになる人はいません。

感謝とは「ありがとう」を示す言葉です。

他人にして頂いた事に対しては感謝をしましょう。

謙虚とは

謙虚とは、偉ぶる事なく素直に学ぼうとする姿勢である事です。

上下関係を考えず、人のお話しを真摯に聞ける人、そして自分の非を素直に認める事ができる人です。

例えば、後輩などに、横暴な考えを押し付けてはいないでしょうか?

例えば、自分はお客だからと、飲食店などで横柄な態度をとっていないでしょうか?

誰に対しても謙虚である姿勢は、一見、気弱なイメージがあります。

しかし、実際に接してみると、世間話しや相談をし易い方である事が多くあります。

話しを聞いてくれる人を嫌いと思う人はいません。

上下関係を考えず人の話しを真摯に聞き、自分の非を素直に認めましょう。

謙虚な姿勢の方には人が寄ってきます。

思いやりとは

他人がどの様な状態なのかを気にして、行動をする事です。

自分がどの様な状態であっても、他人の状況を理解し、困っている様ならば、助けの手を伸ばす様にする事です。

人それぞれ、様々な状況があります。

他人の事だからと思わず、自分の事として考え、自分には何ができるのかを考える様にしましょう。

他人を思いやれる事で、頼りにされる様になります。

頼りにしている人を嫌がる人はいません。

他人がどの様な状態なのかを気にし、困っている様ならば助けの手を伸ばしましょう。

思いやりがある方は、頼りにされます。

リスク

「感謝」「思いやり」「謙虚」により、人から尊敬される人となるのですが、周りを気遣う事が多くなります。

その結果、自分が背追い込む事柄が多くなり、それに潰される事もあります。

そして、一番辛いのは「心無い人」の行動です。

尊敬とは真逆の人と付き合ってしまうと、何かと利用されてしまう事となります。

従って、ある程度の線を引いて、「心無い人」との距離を保つ様にしましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

最近、心の病を患う方が多いのですが、殆どがこの「尊敬できる人」のポイントを持ち合わせている方です。

人の事を気遣い、自分を犠牲にしてしまっているのだと思います。

心当たりのある方は、くれぐれも無理をしない様にして下さい。

仕事をしていて、尊敬ができる人と言うのは、仕事ができるだけではない事が分かります。

特に上司は、仕事ができる事よりも周りの状況を理解し、適切なアドバイスを行う事ができる人が理想となります。

そして、何よりも冷静である事です。

トラブルが発生した時、一緒にトラブル解消にむけて考え、動いて頂くと感謝の気持ちも湧きますし、この様な人間に慣れたらと思うでしょう。

そうした経験がないと、尊敬できる人のイメージが沸かないと思い、今回の投稿に繋がりました。

自分と照らし合わせたり、周りの人を照らし合わせてみては如何でしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました