自由度の高いお仕事と低いお仕事?!自分はどちら派?!その時の考え方や状態で変えても良いと思います?!

12557社会人へのアドバイス
12557
スポンサーリンク

自由度の高いお仕事と低いお仕事?!自分はどちら派?!その時の考え方や状態で変えても良いと思います?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事には、「自由度」という物があります。

これは、「お仕事を自分の好きなようにできる度合い」と言い換える事ができます。

そして「自由度の高いほうが良い」という人もいれば、「自由度の低いほうが楽と考える人」もいます。

「どちらが良いのか?」という事ではありません。

「自分はどちらが向いているのか?」「今の状態はどうなのか?」を考える事が重要となります。

今回は「お仕事の自由度」の、「高い場合」と「低い場合」について触れたいと思います。

お仕事をおこなう時、「向き不向きはストレスに影響を与える物」となります。

「ストレスを軽減させる」為にも、できるだけ自分に正直に、場合によっては「考えを変えて」行動をして頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

お仕事の自由度が高い状態とは

「お仕事の自由度が高い状態」とは、前述の通り、「お仕事を自分の好きなようにできる度合いが高い状態」となります。

とはいえ、「お仕事の自由度が高い状態」は、自分が望んだだけで、叶えられる状態ではありません。

「お仕事の自由度が高い状態」となる為には、自分が「信頼できる人」である必要があります。

通常、「お仕事の責任」は、「責任者や管理者が負うもの」となります。

「お仕事の完遂」や「お仕事の品質」について、「責任者や管理者が満足できない場合、責任を負う事ができない」為となります。

そして、「責任者や管理者が満足できる」と判断されている状態が、「信頼を得ている状態」となり、「信頼できる人」となります。

「信頼できる人」は、どのように「お仕事の自由度が高い状態」であっても、「責任者や管理者が満足できると判断されている」事となります。

「信頼を得ている状態」でない限り、「お仕事の自由度が高い状態」を許される事はありません。

また、お仕事は大抵、チームでおこなわれます。

このチームの輪を乱す人は「信頼できる人」にはなりません。

これは、チームの輪を乱す事により、お仕事が止まってしまう可能性がある為となります。

「信頼できる人の特徴」を挙げます。

  • お仕事の基本ができる
  • 礼儀や配慮の姿勢がある
  • 約束を守る
  • 責任感がある
  • 協調性がある
  • 感情的にならない
  • ミスや失敗を他人のせいにしない
  • 気遣いができる

どれも、どこかで聞いた事がありますが、これらの特徴が一つでも欠けている場合、「信頼できる人になれない可能性」があります。

「お仕事の自由度が高い状態を希望する」場合は、「責任者や管理者から信頼できる人と認められている」必要がありますが、それとあわせて、「自分自身の性格」も重要となります。

「自分自身の性格」が重要となる理由ですが、「信頼をされる事でストレスを感じる可能性がある為」となります。

「信頼をされる事でストレスを感じる」場合、「お仕事の自由度が高い事にもストレスを感じる可能性」が高くなります。

「信頼される事が苦手な人の特徴」を挙げます。

  • 自己中心的
  • 神経質
  • 人を信じる事ができない
  • 心配性である
  • 自分に興味がある事しかやりたくない
  • 素直ではない

注意をして頂きたいのが、「これらの特徴がある人はダメ」という事ではありません。

これは、「性格のお話し」で、まわりの人に対して、言動や行動などに出ていなければ、問題はありません。

「信頼される事が苦手な人の特徴」が一つでもある場合、あまりにも深く信頼をされる事で、ストレスを感じてしまう可能性が高くなります。

「お仕事でもっと自由度が欲しい」と考えていても、「自由度を高くした時に辛い思いをする可能性がある」という事となります。

とはいえ、あくまでも可能性です。

「性格」を変える事は難しいかも知れませんが、考え方が変わる事により、「ストレスを抑えられる可能性」があります。

「自分自身の性格」については、「責任者や管理者」に打ち明ける事で、「お仕事の自由度の調整」をしてもらえる可能性があります。

もし、今の時点で「お仕事の自由度が高くて困っている」という場合は、「調整」をして頂けるように、「責任者や管理者」に打ち明けて頂きたいと思います。

お仕事の自由度が低い状態とは

「お仕事の自由度が低い状態」とは、「お仕事を自分の好きなようにできる度合いが低い状態」となります。

これは、「お仕事の考え方や手順が決められている」場合となります。

「自分の好きなようにできる状態」では、「お仕事の考え方や手順が複数存在する」事となります。

そのような事が認められず、「決められた事を決められた通りにおこなう事が求められているお仕事」となります。

「自由度の低いお仕事が向いている人の特徴」を挙げます。

  • 同じ事の繰り返しが苦ではない
  • 複雑に考える事が苦手
  • 集中力がある
  • 堪え性がある

しかし、「自由度の低いお仕事」を望んでいても、「つらい」と感じる人がいます。

これは、「自由度が低いお仕事が向いている人の特徴」を持っていても、「その時の気持ちの状態」や「環境の状況」により、感じてしまう可能性があります。

もし「つらい」と感じた時、可能であれば、作業内容の変更や部署の異動を希望してください。

ずっと、「つらい状態」が続くと、気持ちが落ち込んでしまい、会社に行く事も「つらい」と感じてしまうようになってしまいます。

スポンサーリンク

simacatより一言

「お仕事の自由度が高い」方が、「やる気が向上する」と言われています。

これは、「自分の考えや行動が人に認められている」と感じる事ができる為となります。

「お仕事を自分の好きにやらせて欲しい」と考える人は多くいます。

しかし、「全ての人が同じ」というワケではありません。

「性格」や「考えかた」によって、「お仕事の自由度が低い状態」を望む場合があります。

「性格」や「考えかた」は様々ですし、その時の状態や状況により変化をします。

「お仕事の自由度が高い状態」「お仕事の自由度が低い状態」、いずれの場合も自分自身に違和感を感じた時は、その状態や状況を考えるようにしてください。

そして、「できない無理はしない」という考えを持ち続けて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました