楽しむとは?お仕事が楽しみ?!お仕事を楽しむ工夫とは?良い気持ちと悪い気持ちを意識する?!

12261社会人へのアドバイス
1226112261
スポンサーリンク

楽しむとは?お仕事が楽しみ?!お仕事を楽しむ工夫とは?良い気持ちと悪い気持ちを意識する?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

何事も楽しくないよりは楽しい方が、気持ちが楽になります。

特に「お仕事」では、「楽しく感じる」事に越した事はありません。

したがって、「お仕事は、できる限り楽しむべき」となります。

今回は、「楽しむとは?」と「お仕事を楽しむ工夫」について、触れたいと思います。

とはいえ、「こうすれば必ず楽しめる」という事ではありません。

あくまでも「できる限り」となりますので、予めご了承ください。

スポンサーリンク

楽しむとは?

「楽しむ」とは、「愉快」「満ち足りている」「満足」などの気持ちとなります。

そして、もちろん「悪い気持ち」ではありません。

「楽しむ事」により、「楽な気持ち」になります。

「楽しむ事」は、気持ちを前向きにさせてくれます。

なぜなら、「愉快」「満ち足りている」「満足」な気持ちとなるからです。

だから、「楽しみは、求める物」となります。

そして、「楽しむ事」は、「悪い気持ち」を消してくれる存在となります。

「怒り」や「悲しみ」などは、「心の負担」となる為、「悪い気持ち」となります。

この「悪い気持ち」は「楽しむ事」により、一瞬でも忘れる事ができます。

言い方を変えると、「楽しむ事」は、「心の負担を軽くする存在」となります。

お仕事をしていると、人との関わりにより、「怒り」や「悲しみ」など、心の負担となる「悪い気持ち」を与えられてしまう事があります。

そして、残念ながら、これをまったく、無くす事はできません。

また、ひょっとしたら、自分がそれを与えている存在かも知れません。

そのように考えると、怖くなってしまいますが、「悪い気持ち」を与える事ができるなら、「良い気持ち」を与える事ができるはずです。

その為には、「自分が楽しむ事を覚える」必要があります。

これは、「楽しむ事」ができず、「良い気持ち」にする手段が分からない人が、「良い気持ち」を与える事はできない為となります。

したがって、自分が「楽しむ事」を覚え、そして「楽しみ方」を教える事により、「良い気持ち」を与える事ができるようになります。

お仕事をしている中で「楽しむ事」は、難しい事です。

しかし、自分が「良い気持ち」になる事は、「自分にも良い影響がある事」となります。

そして、お仕事を「良い気持ち」でおこなえる事は、プライベートにも良い影響があります。

前向きに考えて頂き、楽しみを感じて、お仕事をおこなって頂きたいと思います。

お仕事を楽しむ工夫

「お仕事を楽しむ工夫」をいくつか挙げます。

  • お仕事での工夫を考える
  • 良好な人間関係を構築する
  • コミュニケーションを充実させる
  • お仕事の中で努力をする
  • 未経験の事に対して積極的になる
  • 自分自身が楽しむ事を頑張る

「お仕事を楽しむ工夫」を挙げましたが、「それが出来ない」と思う人も多いと思います。

確かに、これだけで「楽しむ」事ができれば、苦労はないと思います。

そして、なによりもこれらは「前向きな気持ちがある事」が前提となっています。

「前向きな気持ちがある事」とは、「そのようになりたい」という気持ちです。

しかし、「悪い気持ち」になっている時、このような「前向きな気持ち」にはなれません。

だから、「楽しむ」事は難しい事となります。

それでは、「お仕事を楽しめない考え方の特徴」を挙げます。

  • 思い通りの成果がでない
  • 思い通りに評価されない
  • お仕事に飽きている
  • 今のお仕事が嫌い
  • 人間関係が苦痛
  • お仕事の時間が長く感じて苦痛
  • 抱えきれない量の仕事量となっている
  • 暇で仕方がない

これらが、「お仕事を楽しめない考え方の特徴」となり、これが「楽しむ」事が難しい原因にもなっています。

確かに、「お仕事を楽しむ工夫」と正反対になっている事柄もあります。

「お仕事を楽しむ」為には、まずは「お仕事を楽しめない考え方」を解消していかなくてはいけません。

「お仕事を楽しめない考え方を解消する為に認識するべき事」を挙げます。

  • 客観的に今の自分の状況を認識する
  • 自分に最低限、必要な事を認識する
  • 自分が本当に求めている事を認識する

「お仕事を楽しめない考え方」となっている時、どうしても「嫌な事」に考えが集中してしまいます。

だから「解消する為の行動」ができない状態となっています。

そのような時こそ、冷静に「自分自身を見つめなおす」必要があり、その為に認識をするべき事となります。

認識をした結果、「本当に自分自身が望んでいる事」が分かれば、「解消する為の行動」についても、考える事ができるようになります。

「解消する為の行動」が考えられるようになった時、それは、「前向きな気持ち」となっている状態です。

その気持ちに従い、「お仕事を楽しめない考え方」を「解消」して頂きたいと思います。

ただし、注意をする点が、「悩みとなる事」です。

「悩み」となってしまうと、その事をずっと考え続けてしまいます。

その結果、ますます「お仕事を楽しめない考え方」になっていきます。

「悩み」になりそうな時は、考える事を中断し、「休む事」を意識してください。

そして、「お仕事を楽しむ工夫」「お仕事を楽しめない考え方の特徴」「お仕事を楽しめない考え方を解消する為に認識するべき事」を挙げましたが、順番におこなう必要はありません。

色々と取り混ぜて、「今、やれる事をしてみる」程度の考えで構いませんので、「考えて行動する」事だけは、おこなうようにしてください。

実は、これらの全ての事が、「お仕事を楽しむ工夫」につながる事となります。

「楽しむ」事ができても、「悪い気持ち」を感じる時はありますし、それを消す為の「良い気持ち」でもあります。

したがって、「今の自分の状態」をしっかりと把握をして、その状態にあった考え方と行動をして、できるだけ「楽しむ事」につなげて頂ければと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事を「楽しい」と感じる事ができるのは、非常に望ましい状態です。

「楽しい」は「集中力」にもつながります。

そして、「もっと知りたい」という気持ちにもつながります。

自分にとっては「良い影響」しかありません。

ただし、まわりの人も、同じように考えているのかは分かりません。

まわりの人に「楽しむ」事を教える時は、その人の考え方を尊重するようにしてください。

そうしないと、まわりの人を「悪い気持ち」にさせてしまう事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました