自分のお仕事の評価に賛否両論?!賛否両論の意味とは?!賛成意見は満足で反対意見は不満と考えましょう?!

12140社会人へのアドバイス
12140
スポンサーリンク

自分のお仕事の評価に賛否両論?!賛否両論の意味とは?!賛成意見は満足で反対意見は不満と考えましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事は、「成果を出す事」が目的となります。

これは「成果を出す事」で、「報酬が発生する為」となります。

この「成果」には、「物」「お金」「サービス」など、「色々な形」があります。

しかし、どのような形であれ、必ずおこなわれるのが「評価」となります。

これは、「成果として妥当なのか?」を見定める行為となります。

ここで、「大いに良い成果」なら「良い評価」となる為、なにも問題はありません。

今後も同じ「評価」を得られるように、引き続き、お仕事を続けていく事となります。

しかし、「成果として妥当ではない」という、「評価」もあり、これは「悪い評価」となります。

この場合は、今の自分の未熟な部分を知り、「妥当な成果」を得られるように、努力をする必要があります。

しかし、「良い評価」と「悪い評価」を同時に得た時、今後、どのように行動すれば良いのか、悩んでしまう場合があります。

この、「良い評価」と「悪い評価」が同時にある事を「賛否両論」と言います。

今回は、この「賛否両論の意味」と「賛否両論の評価をされた時の考え方と行動」について、触れたいと思います。

「賛否両論の評価」を受けた時、今後「自分がどのように考え、行動をすれば良いのか?」の参考として頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

賛否両論とは

「賛否両論」とは、「賛成意見と反対意見の2つが同時にある事」「賛成と反対が対立して意見がまとまらない状態である事」という意味になります。

実際のお仕事の中では、「大きな決断」をする時、基本的に「満場一致」や「多数決」により、「決定する事」がルールとなります。

この「決定する事」が、「賛否両論の解消」となります。

したがって、「賛否両論」が発生した時は、「賛否両論の解消に向けた行動」がおこなわれます。

この「賛否両論の解消に向けた行動」とは、主に「説得」となります。

「説得」とは、「話しをして分からせる事」という意味となり、これは「賛成」と「反対」の、それぞれからおこなわれます。

この「説得」には、「さまざまな理論」「過去の実績」など、「具体的な材料がある」場合もあれば、「希望」や「妥協」など、「具体的な材料がない」場合もあります。

とはいえ、とにかく「説得」により、「決定する事」で、「賛否両論の解消」をおこないます。

しかし、「個人の評価」については、「賛否両論」となっても、ここまでの事がおこなわれる事は、ほとんどありません。

「決定」して「結論を出す事」よりも、「個人の成長」に目が向けられる為となります。

例えば、お客さまに商品を販売する為にプレゼンをおこないました。

「プレゼンは問題なかった」のですが、残念ながら、「商品が売れなかった」とします。

この場合、「商品が売れなかった為、成果として妥当ではない」為、「悪い評価」となります。

しかし、プレゼンについては問題がなかった為、「プレゼンの成果は妥当」となり、「良い評価」となりました。

これが「賛否両論」となります。

お仕事の本来の目的では、「評価されない」のですが、「個人の能力」については「評価された」事となります。

「個人の成長」を考えると、「賛成意見は満足」「反対意見は不満」となります。

この「満足」と「不満」については、「意見として伝えておきたい」という気持ちがある為、「個人の評価」については、「賛否両論」となる事がよくあります。

なお、「賛否両論」のまま「評価」をする事は、「満足な点と不満な点が不明」となる危険性があります。

これは、「評価をする人」が、とりあえず「満足と不満をバランスよく並べておけば良い」と考えるケースがある為です。

したがって、「個人の評価」に対する「賛否両論」については、「評価をする人」に対して、しっかりと「満足」と「不満」の内容を確認する必要があります。

賛否両論の評価をされた時の考え方と行動

「賛否両論」の評価をされた時の考え方と行動となります。

「賛成意見は満足」「反対意見は不満」と考えると、考え方の整理がしやすくなります。

まず、「満足」についてですが、今「満足」しているのだから、「変える必要はない」と考える人がいます。

しかし、「満足は変化をする物」です。

昨日まで、「満足」されていた物が、今日「不満」を感じてしまう可能性があります。

それぐらい、「不安定な物」と考えるべきです。

また、一度「満足」から「不満」に変わった物は、なかなか「満足」には戻りません。

したがって、「満足されているか?」を「日頃からチェックをする事」が必要となります。

例えば「不満はないですか?」と聞くなど、「不満」にアンテナを立てる事となります。

この「日頃からチェックをする事」を怠ると、「不満」になってから、対応する事となります。

もともと、「満足」から「不満」に変わってしまった物なので、対応も難しくなります。

「満足」を維持し続ける為にも、「日頃からチェックをする事」を怠らないようにしてください。

そして、「不満」についてとなります。

「不満」はそのまま、「直すべき点」となります。

その前に「不満な点」の注意点となりますが、「悪意として受け取らない」ようにしてください。

あくまでも「自分を良くする為のアドバイス」として受け取り、「直すべき点」として聞き入れてください。

「不満な点」は、直せば解消されるはずです。

ただし、「なんとなく不満」という人が、時々います。

この「なんとなく不満」は、「明確な理由」がない為、絶対に「満足」になりません。

したがって、「なんとなく不満」については、「明確な理由」を探す必要があります。

はじめは「印象」から、徐々に「具体的な部分」に焦点をあわせていくイメージで、焦らずに、気長に探し出してください。

「具体的な部分」が分かれば、あとは直すだけとなります。

なお、「不満」の中には、直接、お仕事に関係のない事柄の時があります。

これについては、どういう意図なのかを確認し、場合によっては「専門の部署や窓口」に相談をするようにしてください。

スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事では、通常「賛否両論」がある為、どちらかを決める為に会議が行われます。

そして、この会議にて、「賛成」にしろ、「反対」にしろ、意見が決まる事となります。

したがって、事前に「賛否」が調整できるなら、会議自体が不要となります。

実は、資料だけで意見を決める事ができるのに、わざわざ会議をおこなうのが、日本の会社の習慣となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました