お仕事の適性とは?!意味とは?!自分に向いているか不安?!適性を増やす事や広げる事を考えてみませんか?!

11883社会人へのアドバイス
11883
スポンサーリンク

お仕事の適性とは?!意味とは?!自分に向いているか不安?!適性を増やす事や広げる事を考えてみませんか?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事で失敗が続くと、「このお仕事、自分に向いていないのかな?」と思う時があります。

この「自分に向いているのか?」「自分に向いていないのか?」の判断の基準に、「適性」という物があります。

「適性」があれば、「物事の全てが上手くいく」と思う人がいるかも知れません。

それは間違いです。

「適性」がある事で、「物事の全てを上手くする努力ができる」と考えて頂きたいと思います。

今回は、「適性とは」「適性を増やす事や広げる事」について触れたいと思います。

「適性」に対して、不安を感じた時の参考にして頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

適性とは

「適性」とは、ある事柄に対して、「性格や性質が適している」という意味になります。

例えば、就職をする時の選考の過程に、「適性検査」があります。

これは、「会社の業務内容の適性があるのか?」を検査するものとなります。

この「適性検査」は、「性格の確認」「一般常識の確認」「業務の遂行能力の確認」、そして「面接時の情報収集」などが、主な目的となっています。

この「適性検査」が不合格となった時、「その会社の業務内容の適性がなかった」と判断をされた事になります。

しかし、これはあくまでも「その会社の業務内容の適性がなかった」というだけです。

他の会社で同じ結果になるとは、限りません。

また、逆もあります。

「適性検査」では良い成績だったのに「その会社の業務内容についていけない」場合となります。

「適性検査」は、「人の能力を数値化しておこなう物」となります。

したがって、「数値化できない能力」については、「適性検査」では見えない部分となります。

「適性」にお話しを戻しますが、「適性がある」事により、「性格や性質が適している」「その事について考え、行動する事に向いている」と判断をする事ができます。

ここで、よくある誤解があるのですが、これは「好き」「嫌い」ではありません。

「好き」「嫌い」に関係なく、「性格や性質が適している」という事となります。

例えば、「マラソンが嫌い」でも、「気長にコツコツ続けられる」「外に出て体を動かす事が好き」などがあるなら、「適性がある」となるかも知れません。

もちろん、「好きな事」に「適性がある」のに越した事はありませんが、「適性とはそういう物」と考えて頂ければと思います。

ちなみに、「適性」と同じ読み方で、「適正」という言葉があります。

非常に紛らわしいのですが、「適正」は「適切である事」「正当である事」という意味で、出された答えが、「正しい物」「合格点の物」となります。

しかし、「適性」は「人の能力」となるので、出される答えに、「正しさ」は求められません。

先ほどの「マラソンが嫌い」のお話しですが、「マラソンに適性がある」場合でも、「マラソンが嫌い」な場合、自分にとって、「マラソンは適正ではない」という事となります。

「適性」と「適正」は読み方が同じなので、混乱しないように、「適正」については「適切」「最適」など、別の言葉の利用をおすすめします。

ちなみに、「適正検査」という物は存在しないので、ご注意ください。

適性を増やす事や広げる事

今のお仕事で「適性」について不安を感じた時は、「適性を増やす事や広げる事」を考えてみましょう。

お仕事でミスや失敗が続くと、「適性」について、不安を感じると思います。

しかし、そもそも今の会社に入る時、「適性検査」、もしくは、それに準じた検査を受けているはずです

したがって、今の会社でのお仕事は、「適性がある」事となります。

とはいえ、実際にお仕事をはじめて、色々な事を経験していくうちに、「考え方の変化」があります。

また、「年齢をかさねる事による、身体能力の低下」もあります。

これにより、「自分の性格が変わる」事があります。

そして、「自分の性格が変わる」事により、「適性も変化をする可能性がある」事となります。

したがって、「適性は変わる物」と考えるほうが、「普通の考え方」となります。

それでは、「適性が変わったら、どうなるのか?」となりますが、最悪、「適性がなくなる」事となります。

これは、「今の会社でお仕事をする適性がなくなる」という意味になります。

それならば、「今の会社を辞めるしかない」という考えになってしまいます。

これは、かなりの極論となるので、はやまらないでください。

そもそも「適性」は、1つではありません。

そして、「適性」には、「色々な考えや技術の幅」があります。

したがって、「適性は変わる物」と考えるなら、「適性を増やす事」「適正を広げる事」を考えて頂きたいと思います。

「適性を増やす事」とは、「性格や性質が適している事柄を増やす事」となります。

これは、今のお仕事とは別に、他の事を体験して、「新しく適性のある物を知る事」となります。

「適正を広げる事」とは、「性格や性質が適している事柄の範囲を広げる事」となります。

これは、今の適正のあるお仕事の視野を広げる事で、「対応可能な事柄を増やす事」となります。

「適性を増やす事」や「適正を広げる事」をおこなう為には、色々な事に興味を持ち、実際に体験をする必要があります。

色々な体験をして、その体験から得られる事を吸収して、「適性」に反映させて頂ければと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

「適性は変わる物」と考えた時、「適性がない事柄」も「適性がある事柄」となる可能性があります。

「適正がない事柄」について、自分なりに考えて、良い結果となるように行動をする事で、徐々に「適性が身についていく」事となります。

これは、「自分の性格が変化する」事でもあります。

しかし、自分の性格を変化させる為、数日で何とかなる物ではありません。

また、「適性がない」場合は、この過程で苦労をする事となるかも知れません。

とはいえ、「適性がないから諦める」のは、「可能性も諦める」という事となります。

この点については、自分自身でしっかりと考える必要があります。

ちなみに、今現在「悩んでいる」「困っている」場合ですが、「適性を増やす事」を考えて頂きたいと思います。

これは、「他の畑も見てみる」という事となります。

今現在「悩んでいる」「困っている」場合、「自分に向いているのか?」ばかりを考えてしまい、「思考停止」となっている可能性があります。

「思考」を動かす為にも、「他の畑も見てみる」のも良い事です。

この「他の畑も見てみる」事で、刺激を受け、「思考」を動かして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました