台風とは何か?台風についてざっくり解説!!地球温暖化とも関係がある!!

【PR】スポンサーリンク
898生活の知識
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

台風とは何か?台風についてざっくり解説!!地球温暖化とも関係がある!!

はじめに

最近の台風は強い勢力を伴った物が多くあります。

そして、その勢力を持ったまま、首都圏が襲われると、甚大な被害を生みます。

実際に、首都圏に台風が上陸し、大量の雨や強い風により神奈川、東京、千葉に甚大な被害をおよぼしました。

台風の生まれる場所

日本に訪れる台風は、北西太平洋の赤道付近で生まれます。

台風の生まれ方

赤道付近の海は水温が高い為、水蒸気になりやすく、沢山の水蒸気が集まる事で雲ができます。

そして、雲が集まり大きくなると、渦巻き状の雲となります。

渦巻き状の雲になると、周囲に風が生まれ、その風の強さが、1秒間に、17m進む速さ(17m/s)以上となった物を台風と呼びます。

世界の台風の呼び方

日本では台風と言いますが、海外での呼び方はどうなのでしょう?

  • タイフーン(台風):東経180度より西の北西太平洋および南シナ海
  • サイクロン:ベンガル湾、北インド洋に存在する熱帯低気圧
  • ハリケーン:北大西洋、カリブ海、メキシコ湾および西経180度より東の北太平洋東部

となっています。

いずれも赤道付近で発生します。

尚、北半球で発生するか、南半休で発生するかにより、回転方向が変わります。

因みに、南半球は全てハリケーンと呼びます。

台風の進む方向

台風の勢力が弱い時は、地球の自転により北に移動する事が多く、その後は風の影響によって、速度を増して行きます。

台風は、春や冬にも発生していますが、西側へ移動する為、日本には影響ありません。

しかし、夏から秋は、緯度の高い所(北側)でも水温が高い為、台風が発生します。

この台風が、「偏西風」という北東に向かって流れる風に乗ります。

夏場は、太平洋高気圧が太平洋上にあり、台風はそれを避けて迂回し移動する為、日本に上陸をする事はあまりありませんが、秋に向かい、太平洋高気圧の勢力が弱まる事により、日本に上陸する事が多くなります。

台風の数

最近は台風の数が増えたと耳にする事があります。

実際の所はどうなのでしょうか?

気象庁より、日本に上陸した台風の数を10年分、収集しました。

  • 2019年:3個(現在まで)
  • 2018年:5個
  • 2017年:4個
  • 2016年:6個
  • 2015年:4個
  • 2014年:4個
  • 2013年:2個
  • 2012年:2個
  • 2011年:3個
  • 2010年:2個
  • 2009年:1個

ここ10年程で見ると、確かに増えている様に感じます。

因みに、統計期間1951年~2018年で、日本に上陸した数ランキングです。

  1. 10個:2004年
  2. 6個:2016年、1993年、1990年
  3. 5個:2018年、2018年、1989年、1966年、1965年、1962年、1954年

この様に見ると、上陸した台風の数は、昔とそれ程変わらない様に見えます。

甚大な被害は台風が強くなったから?

あくまでも仮説ですが、ここの所の台風の被害が大きくなったのには、温暖化が影響すると言われています。

温暖化により、海水温が上昇します。

これにより、台風のエネルギーが以前に比べて多く供給される様になった為、雲が大きくなり、それに伴い、風も強くなり、強力な暴風をまとう様になっているそうです。

また、台風だけではなく、雨を降らす前線の動きも、温暖化により変化しており、台風に刺激され、大雨に繋がっている様です。

偏西風の動きにも変化が見られるので、今後の台風の進路予測は、どんどん難しくなっていきます。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

都心は特に自然災害に弱いと言われています。

崖崩れなどは少ないですが、強風や豪雨にて、倒木や冠水などが起こると、交通はすぐに麻痺をしてしまいます。

そして、首都圏に限らず、台風の勢力が強く、大雨を伴う事から、洪水の被害も甚大となっています。

1年や2年では、復興できない程の爪痕を残す災害も多く発生しています。

自然災害に立ち向かう事は非常に難しい事なのですが、少しの雨でも、すぐに水かさが増す川が近所にある場合は、なるべく早く自治体に相談をするべきです。

小さい川でも、大量に雨が降ることにより、氾濫を起こし、洪水となる危険性があります。

自宅の周りを常に監視し、危険の回避に繋げる事を意識する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました