嫌な事や辛い事の限界

曇り空 社会
曇り空

普通に生活をしていると実感する事はないのですが、実はそれが健康な状態と言えます。

本来の人間は嫌な事や辛い事を消化する能力があります。嫌な事や辛い事を経験し蓄積する事により、より良い生活を送れる様に体が作られています。

しかし辛い事が消化できず、その辛さが蓄積されると我慢(ストレス)となり、さらに我慢を続ける事により身体の不調へ繋がって行きます。

今回はこのプロセスと対応についてのお話しです。

我慢による体調不良へのプロセス

普通に生活が送れている

人それぞれで生活圏は異なりますが例えば学校や職場で生活しているとします。生活をしていると必ず嫌な事や辛い事はあります。

隣の人に言われた言葉や先生や上司に叱られるなどです。

しかし、その嫌な事や辛い事は考えたり運動したり睡眠をとる事により、忘れたり経験として蓄積されたりして消化されます。

そして今後、同じ様な事があっても初めに感じた度合いよりも低くなります

嫌な事や辛い事が消化できない

様々な条件が重なり嫌な事や辛い事が消化できない場合はその感じをずっと持ち続ける事となります。そして同じ様な嫌な事や辛い事が重なって行きます。

それでも生活を続けなくていけないので嫌な事や辛い事に耐えながら生活をします。これが我慢(ストレス)です。

しかし我慢についても消化する事ができます。例えば人と話しをしたり運動をしたり、いわゆるストレス解消です。そしてこの我慢も消化する事で経験として蓄積されて行きます。

単純に嫌な事や辛い事を消化するよりも我慢をした分だけ強く経験として残ります

我慢(ストレス)が消化できない

我慢(ストレス)が消化できないといよいよ体に影響が出てきます。例えば集中力の低下です。

ずっと我慢をしているので、その我慢の内容を頭の中で考える様になってしまいます。そして肩コリなどの症状が出てきたり、夜に眠れなくなる事もあります。

大抵の人はこの状態を真剣に捉えません。この状態で診療内科やカウンセリングを受診してストレス解消方法を見つけていれば、これ以上の悪化は防げるかも知れないのです。

しかし、我慢できるからと言って生活を続けてしまいます。

身体に出てくる

集中力がなくなってくると自分のやりたい事が思い通りにできなくなります。そして、そんな自分に対してさらに我慢をする事となります。

そして肩コリや睡眠不足から頭痛が始まります。この頭痛も集中力の低下の原因となります。

そして胃の痛みも現れます。それでもまだ我慢を続けると吐き気や動悸、震えなどが始まります。この状態は自律神経が異常となっている状態です。

起きれなくなる

自律神経に異常が起こると体の様々な所が不調となります。頭痛はもちろん胃痛や吐き気、動悸や体の震え、体温の調整もできなくなります。

そして身体がその様な状態の為、寝込みがちとなってしまいます。

大抵の方はここでやっと心療内科を受診されるのではないでしょうか?うつ症状や適応障害やパニック障害と診断されたりします。

しかし、病院へ行くだけは治りません。

薬を服用しながら適度な運動をし普通の生活が送れる様にします。そして普通の生活が送れる様になっても通院や薬の服用を続けて行う必要があるのです。

どの様に対応するのか

相手が人ならば

人から嫌な事や辛い事をされた時、その方とその事について話しをしてみましょう。直接話しが出来ない場合は関係する人でも構いません。とにかく思いを口に出しましょう。

口に出す事である程度発散をする事が出来ます。

また嫌な事や辛い事に敏感な人は色々な場面を真剣に捉える方が多いのです。そう言った強みを生かして普通の人が見落としてしまう事を拾い改善に向けた提案が出来るかも知れません。

相手が人ではないならば

相手が人でない場合、例えば満員電車などは時間をズラすなどして避ける様に心掛けましょう。なるべく嫌な事や辛い事と感じる場所には近付かない様にしましょう。

どうしても必要な場合は自分にご褒美を用意しては如何でしょうか?頑張れたご褒美です。

大した物でなくても良いです。例えば夕食はご飯を少し多めに食べるとかです。嫌な事や辛い事と感じる場所に行ったのですから自分自身を労ってあげてください。

最後に

元々は嫌な事や辛い事を上手く消化できない所から始まっています。できるなら嫌な事や辛い事を感じた時にその事を解決する努力をする事が大事です。

そして前述しましたが身体に出てくる症状に敏感になって下さい。放っておいて問題のない体調不良はありません。最近、肩コリを感じるという方はウォーキングなどの軽い運動でも構いませんので体を動かす様にして下さい。

また、入浴も良いと聞いています。健康センターや銭湯など、広いお風呂に出掛けてみては如何でしょうか?

最後に嫌な事や辛い事は人それぞれですので中々難しいのですが学校の先生や職場では先輩・上司という立場の方は生徒さんや後輩・部下が前述の状態となっていないかを確認してあげて頂ければと思います。

コメント

  1. 関連投稿

タイトルとURLをコピーしました