信念とは自分が信じる考え?!お仕事で聞かれる事があるけど本当の考えを正直に答える必要はありません?!

12650社会人へのアドバイス
12650
スポンサーリンク

信念とは自分が信じる考え?!お仕事で聞かれる事があるけど本当の考えを正直に答える必要はありません?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「信念」という言葉をご存知でしょうか?

人に聞かれる事も、あるかも知れません。

突然、あなたの「信念は?」と聞かれても、その意味を改めて考えると、返答に困ってしまうと思います。

「信念」は、その人の考えをあらわす事柄でもあるので、事前に答えを準備しておくべきです。

今回は「信念」について触れたいと思います。

「自分の信念」について考える時の参考にして頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

信念とは

「信念(シンネン)」とは、宗教では「信仰心」という意味がありますが、一般的には「自分が信じる考え」となります。

「信念」は、「信(シン)」という言葉と、「念(ネン)」という言葉が組み合わされています。

「信(シン)」とは「信じる」で、「疑いを持たず、その事が本当であると思う事」となります。

「念(ネン)」とは「念じる (念ずる)」で、「強く願う事」となります。

したがって、「信念」を考える時は、「疑いを持たず、その事が本当であると思う事」であり、その考えを持ち続けられるように、「強く願う事」となります。

このような言葉にしてしまうと、「強く願う事」に違和感を感じると思います。

これは「他人にお願いをしているイメージ」となるからです。

この「強く願う事」は「他人に対して」ではなく、「自分に対して」となります。

したがって、「信念」という言葉には、「信じる事」と「信じ続ける事」という意味が含まれています。

「信念」とは、「自分が信じる考え」です。

これは、「自分の中で基本となる考え」であり、「自分の考えの基準となる存在」になります。

この「信念」に基づいて、「考えて行動をする」事となります。

「信念」を考える時、「理想」を考える人がいます。

もちろん、「理想」を考える事は悪い事ではありません。

また、「理想」を叶える為に、考えて行動をする事を「信念」と呼ぶ事もできます。

しかし、その為に「自分が信じる考えとはなにか?」を自分自身で理解をしている必要があります。

「信念」は、「今の時点の考え」である必要があります。

なぜならば、それが、「今の自分の中で基本となる考え」であり、「今の自分の考えの基準となる存在」であり、それが「今の状態」となるからです。

お仕事の信念

「お仕事の信念」とは、「お仕事との向き合い方」となります。

前述の通り「信念」は、「自分の中で基本となる考え」であり、「自分の考えの基準となる存在」です。

したがって、「自分の信念」は、「お仕事に対する考え方」「お仕事のやり方」「お仕事の成果」にあらわれる物となります。

例えば、「人間関係を重要視しない信念」の場合は、お仕事でもコミュニケーションを抑える傾向になります。

また、「マイペースを重要視する信念」の場合は、お仕事でも協調性がない傾向となります。

これは、あくまでも「自分が信じる考え」なので、「良い」「悪い」はありません。

しかし、お仕事は「成果を出す事」が目的となります。

「コミュニケーション」を抑えても、「協調性」がなくても、「成果に影響が出ない」ならば、問題はありません。

しかし、「成果に影響がある」場合、その「信念」は疑問視されてしまいます。

これは、「目的を果たす事ができない為」です。

「信念」は、「自分が信じる考え」なのですが、「お仕事での信念は、成果を出すという目的に合わせた事柄」である必要があります。

お仕事に合わせて、「自分が信じる考え」を矯正されてしまうイメージとなりますが、これが「お仕事での信念」となります。

ちなみに、「就職活動時の面接」や「上司との面談」などで、「信念」について聞かれる時があります。

これは、「お仕事と自分が信じる考えが一致しているのか?」の確認となります。

この場合、疑問視されてしまう「信念」であっても、答える必要があります。

もちろん、「信念はない」というのも、一つの答えとなり、その答えを持っている事が「信念」と言えるのかも知れません。

しかし、できる限り答えを準備しておく事をおすすめします。

はじめに、「信念がない」場合、「自分の信念を見つけるヒント」となります。

なお、そもそも「信念」がないので、あくまでも「理想を見つける方法」となります。

  • 自分にとって都合が良い事柄を考える
  • 他人にとって都合が良い事柄を考える
  • 社会にとって都合が良い事柄を考える

これらをそれぞれ書き出し、その中から、「自分が譲れない事柄」や「自分が憧れる事柄」を選んでください。

これで「理想」を見つける事ができます。

できる限り、この「理想」を叶えられるような「考えや行動」をおこなうようにしてください。

この「考えや行動」を常にする事が「信念」となります。

次は、「お仕事での信念を見つけるヒント」を挙げます。

  • 自分の信念の中でお仕事の成果につながる事柄
  • 自分の信念の中で会社の理念に沿っている事柄
  • 今のお仕事の考え方ややり方から自分の信念を変えられる事柄
  • 上司や同僚のお仕事の考え方ややり方から自分の信念を変えられる事柄

これらについても書き出しをおこなってください。

こちらについては、既に「信念となっている事柄」、もしくは「信念になりうる事柄」となっていますので、選ぶ必要はありません。

「信念」を聞かれる時は、その時に何か事情がある筈です。

その事情から、一番回答としてふさわしい「信念」や「理想」を答えるようにしてください。

これで、「信念」を聞かれた時に備える事ができます。

とはいえ、どうしても「信念」が見つからない場合は、「正直な気持ち」と「理想」を答えるようにしてください。

今は「信念」がなくても、今後、見つけられるかも知れません。

また、今の「信念」も今後、変わってしまうかも知れません。

「信念」とは「自分の中で基本となる考え」であり、「自分の考えの基準となる存在」です。

しかし、「変化をさせてはいけない」「新しく見つけてはいけない」と言う物ではありません。

さすがに、数日で変わってしまうのは問題がありますが、「自分の成長やまわりの状況により、変化する物」と考えるべきです。

これは、「自分」と「まわり」を見て、自分で考えて、「自分の考えや行動に取り込む」という行動となります。

ただし、「悪い事」や「楽をする事」を「信念」に取り込まないようにしてください。

これらを「信念」に取り込んでしまうと、取り除くのに苦労する事となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「信念」とは「自分が信じる考え」となります。

したがって、実はお仕事で聞かれたとしても、正直に答える必要はありませんし、それが「本当か?」「嘘か?」を証明する事もできません。

しかし、お仕事での動きを見ていると、分かってしまいます。

もし、「嘘」を答えてしまった場合は、その「嘘」を突き通す事により、「本当」になります。

したがって、ある意味、これも「信念」と呼ぶ事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました