終身雇用

景色 社会
景色

先日、トヨタ自動車の社長の豊田氏より今後は終身雇用が難しくなると言った発言がありました。

日本は新卒で入社をしたら一生同じ会社で働き続ける終身雇用を取り入れた社会システムでした。

しかし日本を代表する大企業であるトヨタ自動車の社長の発言により、その社会システムが崩壊するであろうと囁かれ始めています。

今回は終身雇用について投稿いたします。

同じ会社で働き続ける

新卒入社

学校を卒業後、会社に入ります。これが新卒入社と言われる物です。

そして、特別な事情がない限りは同じ会社で働き続ける事を前提にしている方が多いのです。

40年ほど同じ会社で働き続けて定年を迎え退職をしていくと言った流れです。

年功序列

同じ会社で働き続ける事で生まれた制度が年功序列です。

お給料が年々上がっていくと言う事で社歴が古い方ほど賃金が高く、また昇格などの出世の対象となります。

生産性

新卒の頃は経験不足により生産性が低い状態です。

そして様々な経験をして生産性が上がって行きます。しかし歳を重ねると体力や記憶力が落ちていき生産性が低下して行きます。

終身雇用の難しさ

生産性と給与のバランス

年度毎の昇給や役職手当などの付与によりお給料は上がって行きます。

しかし社歴の古い方は生産性が低い状態にも関わらず給与は高いままなのです。

そして一番の問題は定年退職のタイミングです。

日本政府は高齢化社会に向けて定年となる歳を高くしていく事を検討しています。

そうすると生産性が下がり続けて行くにも関わらず年功序列の考え方がる為に給与はどんどん上がるという反比例の形となってしまうのです。

会社としては生産性が低い方の面倒を見るよりは将来のある新卒にお金をかけたいのが正直な気持ちだと思います。

リストラの問題

社員のお給料は費用の中でも大きな割合を占めています。

会社の業績不振などによりリストラを行う会社も現在では当たり前となりつつありますが、このリストラの対象となる方は大抵が年齢の高い方です。

その理由は前述の通りお給料が高い割に生産性が低い点にあります。

しかし終身雇用を前提に働いてきた方々については、勤めていた会社に関する知識はありますが他の会社での知識はありません。

よって再就職を行っても肩身の狭い思いをして退職してしまう方もいます。

また技術力があっても高齢の方は再就職先を見つけるまで苦労します。

同じ仕事なら若くて長く続けて頂ける方を雇いたいと思うのは当たり前の考えです。

よって退職金の上乗せで退職をしても厳しい状況が待っているのです。

企業努力

生産性を維持しつつ売り上げを伸ばす為の施策を企業は行っているのか?と言った疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

企業が生産性の維持もしくは向上を目指して例えば機械化したりシステムを作ったりするなどは設備投資と言われています。

これには当然、お金が掛かります。せっかくお金を掛けるのであれば、今後に訪れる働ける事ができる世代の減少を見据えた仕組み作りを検討しています。

この様な形で企業努力が行われているので高齢の方をわざわざ雇う必要もないのです。

どうすれば良いのか?

終身雇用に頼らない

終身雇用に頼らない様に働く事が大切です。

具体的には常に転職を視野に入れた動きです。

世の中の情勢を知る事はもちろん、様々な資格をとり技術力を身に付けておくのです。

そして待遇アップや給与アップなどのチャンスがあれば自ら転職をしてしまいましょう。

但し転職が問題なく行えるのは35歳までです。

それより上の年齢になるとお給料を諦める必要があったり、勤務地を諦める必要があったりと条件が厳しくなります。

そして45歳を越えるとパートでも雇って貰える事が難しくなります。年齢の壁と言うのは想像以上に高いのです。

副業をする

それではどうするのか?と言う事となります。

古い会社では禁止されている場合がありますが可能であれば副業をしましょう。

これは終身雇用に限ったお話しではないのですが副業をする事により本業を失っても当面は問題のない地盤を作っておく事ができます。

副業については勤務時間の決まっている様な職種ではなく、自分の好きな時に好きなだけ行える職種にしましょう。

そうする事で本業が忙しい時に副業に足を引っ張られる事はありません。

そして副業一本となった時もある程度、余裕を持った働き方ができます。

よって定年後も収入が見込める可能性もあるのです。

最後に

今回は終身雇用をテーマにしました。

リストラというキーワードを出しましたが不当解雇については敢えて触れていません。別の機会に投稿させて頂きたいと思います。

ここからは愚痴に近いのですが仕事をしていると明らかに生産性の低い人間が自分よりお給料を貰っている事実と直面します。

その様な時は会社に失望したりします。

皆さんもその様な経験をした事はないでしょうか?自分が技術力をあげて、その方より出世をすれば良いんだと思うのですが、そもそも会社に失望しているので今ひとつ消化しきれない物が残りました。

自分が終身雇用を前提にした発想だったからですね。

そんな会社は早々に見切りを付けておけば良かったのだと今は思います。これをお読みになられた方は後悔のない社会人生活を送って頂ければと思います。

コメント

  1. 関連投稿

  2. 関連投稿

  3. 関連投稿

タイトルとURLをコピーしました