人生でチャンスを逃す人はチャンスとは何かを知らない!?

景色 社会
景色

チャンスとは何か?

「チャンスを逃した」など良く耳にします。それ程に「チャンス」というのは身の回りに転がっているのでしょうか?

もし全てのチャンスを手に入れていれば、人は幸せなれるのでしょうか?

答えは分かりませんが、今回はチャンスとは何か?について投稿致します。

人、それぞれの考え方があると思いますが、参考にして頂ければと思います。

人生でチャンスを逃す人はチャンスとは何かを知らない!?

チャンスとは?

日本語では「転機」などと言われますがチャンスとは「目的ができ、良い方向に向かう転機」という事です。

今までの自分を振り返った時に「あの時、あの様にしておけば良かった」と思う事があります。

それが人生を左右させる事であれば尚更にそう感じる事でしょう。

過去を悔やむ事を「後悔」と言います。

逆に「後悔がない」もしくは「後悔をしていても納得ができている」と感じている人は既にチャンスを掴んでいる方だと思います。

死ぬ時に「満更でもない人生だった」と思える事がチャンスを掴めた人の感じる事なのです。

自分の情熱を最大限に注げる事に遭遇できる事「チャンス」と言います。

チャンスとは「自分の情熱を注げる事に遭遇」できる事。

チャンスを逃さない為には

実は見逃していないと気が付かない

その時は気が付かず、後になってから気になる事は良くあります。

「あの仕事は楽しかった」とか「あの人とはもっとお話しをしたかった」などです。

その瞬間に思い、行動をする事は中々難しく、それはそれで後悔をする原因となるかも知れません。

「チャンス」に気付く事はそれ程に難しい事なのです。

しかし「どうしても気になる」「何とかしたい」と思うのであれば、それは「チャンス」なのかも知れません。

真剣に考え「チャンス」と向き合えるのであれば、「チャンスに向けた行動」をするべきなのです。

チャンスに向けた行動

「チャンス」に出会ってしまった時、そのまま目的を果たす事が「チャンスに向けた行動」ではありません。

例えばラーメン屋を開きたいと思った時、生活の問題やお店の開店資金などの「お金」が必要となります。

「チャンス」が訪れ、自分の意思が固まっていたとしても現実の問題として「お金」がないと目的を果たす事はできないのです。

多くの方がこの経済的な問題でチャンスを逃していると思います。

この回避策は貯金をしたり投資などを行い、お金に関する勉強をするしか方法はありません。

しかし、こうした勉強も「チャンス」を掴んだ方にとっては苦ではなくなります。

むしろ目的ができた事により、苦境が励みとなるのです。

これが「チャンスに向けた行動」なのです。

チャンスを逃さない為にはチャンスに向けた行動をする事。

辛い事も目的を目指す励みとなる。

今の状況と天秤にかけがち

今、自分が置かれている状況とチャンスとを天秤にかけがちです。

諦めてしまった場合、あの時に行動していたらチャンスを掴めていたかも知れないと思われる方は少なくはないと思います。

もし後悔が残り、諦めがつかないのであれば、今から「チャンスに向けた行動」をとるべきです。

すぐに仕事を辞めるとかではなく、まずは情報を収集するのです。

今の自分の状況を変える事ができないからと蓋をしてしまうと煮え切らない気持ちだけが残ってしまいます。

趣味や特技として「チャンスに向けた行動」をとっている方は大勢いるのです。

今の状況と天秤にかけがちですが諦める事はありません。

「チャンスに向けた行動」をしましょう。

最後に

最後までお読み頂き有難う御座います。

チャンスを掴むのは中々難しいです。

チャンスと思っても、やはり普通は生活を優先し諦めてしまいます。

私もその一人でした。

何か自分の考えを残せる仕事がしたいと思っていましたが、それでは生活ができませんでした。

しかし、それは自分で勝手に枠を作っていただけだと今は思います。

体を壊し、会社を辞めて、色々と考えた時期もありましたが今はこのBlogを通して私が経験してきた事を伝える事ができているので、チャンスを掴めていると自負しています。

皆様も何か目的を叶えられる様なチャンスと巡り合った時は前向きに考え、チャンスに向けた行動をして頂きたいと思います。

関連サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました