仕事で信頼される為の行動とは?

景色 社会
景色

仕事を行う上で信頼される事は非常に重要なポイントです。

信頼がない方は仕事を任せてもらえません。

仕事を任す事ができないと言う事は成果を出す事ができず、成果を出さなければ良い評価を受ける事はできません。

よく耳にするのが、これだけ頑張っているのだから良い評価をして貰える筈だと考えていても今まで通りの評価に腹を立てられるといったケースです。

信頼は自分ではない方が感じる事で、頑張るのは自分自身が感じる事です。

もちろん評価をする方に問題があるのかも知れません。

しかし、まずは自分で出来る範囲で良い評価を頂ける様に行動しましょう。

今回は仕事で信頼される為の行動について投稿致します。

仕事で信頼される為の行動とは?

指示された事を行う

確認する勇気

指示された仕事について、どの様な結果を出すのかは重要です。

指示する方はご自身の頭の中にある程度の「結果の形」が出来上がっているのです。

そして、貴方が出す結果が「結果の形」と一致していないと指示を出した方に満足をして貰えない事から指示された事が出来なかった事となります。

従って、「結果の形」を指示される方より引き出す事が正しい結果を出す近道となります。

しかし、ただ聞くのではなく「自分はこうして結果を出すつもりですが宜しいですか?」と確認をしましょう。

これは単純に指示を聞くのではなく、貴方の考えを指示する方に知って頂く事となります。

このやり取りを数回行う事によって指示をする方は貴方がどの様な考えを持っているのかを知る事ができ、貴方の考え方に問題の余地がなくなった時、その指示されていた仕事自体を貴方に任せて貰える様になるのです。

「結果の形」を指示される方より引き出す事が正しい結果を出す近道。

貴方の考えを含めて確認を行う事で指示をする方に貴方の考えを知って頂く事で、貴方に対する信頼度の向上に繋げる。

作業時間の短縮

同じ仕事を何度も指示され対応していると慣れてきます。慣れてくる事により作業時間はある程度まで短縮されます

例えば、初めは考えながら行なっていた仕事も慣れてくれば考える事がなくなるからです。また、体も慣れてくる事により自然に動く様になります。

よって、指示をする方も時間が短縮されると考えています。例えば、初めは1の作業を1の時間を使っていましたが、慣れたら0.5の時間で出来るだろうと考えるのです。

貴方も仕事に慣れればある程度の作業時間の短縮を行えると思います。しかし前述の通り指示をする方からは当たり前の事なのです。

ここで信頼を勝ち取るには指示をする方の考えを上回る時間短縮です。

その為には作業を行う為にどの様に時間短縮をするのか考え、実行する必要があります。勿論、作業を指示する方と相談しても良いと思います。

作業時間を短縮する事で多くの仕事を行い、他の仕事も行える可能性があります。こうして多くの仕事を消化する事で経験を積む事が出来るのです。

作業時間はある程度まで短縮されるが指示をする方の考えを上回る時間短縮が重要

作業時間の短縮を行い、多くの仕事の経験を積む事で信頼度の向上に繋げる。

改善の提案

時間の短縮を行う事により、貴方は様々な仕事を経験出来る様になりました。そして経験は知識となるのです。

得られた経験と知識を元に「作業の時間をもっと短くする」「結果の品質をもっと上げる」「作業を簡略化する」といった検討をしましょう。

そして「この作業をこの様にすればこの様になる」といった形とし、これを改善の提案としましょう。

この改善の提案で注意する点は必ず目的を数値化する事です。

例えば「作業時間が何時間減る」などの具体的な値を出す事によって改善に要する時間と改善後の作業の費用が分かり易くなるのです。(費用対効果と言われています。)

改善の提案は今まで作業の指示を出して頂いていた方のみでなく、更に多くの方が目を通します。それは貴方の事をより多くの方に知って頂くチャンスなのです。

多くの方に貴方の改善の提案を知って頂く事によって、貴方がどれくらいの経験や知識を有しているのかを理解して頂きます。この様にして貴方を信頼してくれる方を増やして行きましょう。

得られた経験と知識を元に改善の提案を行い、貴方を信頼してくれる方を増やして行きましょう。

信頼されたいと思う方は要チェック

人の本質部分

嘘をつかない

出来ない仕事を出来ると言わない様にしましょう。分からない事は必ず確認をする必要があります。

また、何度も教えて頂いた事は聞きずらいと思いますが、誤った結果を出すのは時間の無駄となります。

嘘は信頼を大きく損なってしまう事になりますので注意をしてください。

出来ない仕事を出来ると言わない。嘘は信頼を大きく損なってしまう事になります

陰口を言わない

陰口はどの様な形で広まるのか分かりません。貴方が冗談のつもり発した事も尾ひれがついて広まってしまう事もあります。

そして、その元凶が貴方だと知られたら、貴方の信頼は大きく損なってしまいます。

陰口を聞くのも良くありません。貴方がそのつもりは無くても共犯となってしまう可能性があります。

何処で誰が聞いているのか分かりませんので、陰口は言わない聞かないに徹しましょう。

陰口は言わない聞かないに徹しましょう。

立ち居振る舞い

常に態度に気を配る

大きな態度や横柄な態度は人を不愉快にさせます。それだけで信頼を損なってしまう可能性があるのです。

例えば資料を机の上に置くときに「机に静かに置く」のと「投げる様に置く」のとでは置かれた方の印象は違います。また、目上の方に資料を渡すのに片手で渡す事も失礼に当たります。

細かすぎると思われるかも知れませんが、こうした細かい一つ一つの動作で貴方の印象が変わってしまいます。

仕事面で色々と頑張っていたとしても態度が悪い方は評価も低くなります。

普段から貴方の一つ一つの行動に気を配りましょう。

仕事が出来ても態度が悪い人は低評価です。普段から態度に気を配りましょう。

正しい言葉使いをする

こちらも態度と同様です。話し方も貴方を印象付ける物です。汚い言葉や若い人が使う様な言葉は仕事では使うべきではありません。

正しい言葉を話す為には正しい日本語を知る必要があります。普段から活字を読んで正しい日本語に慣れ親しんでください。

そしてプライベートであっても正しい日本語を使う様にしましょう。

仕事では何が起こるか分かりません。緊張した場面や焦っている場面ではつい普段の話し方が出てきてしまいます。そして大抵、緊張したり焦ってしまう場面には偉い方やお客様がいるのです。

そこで信頼を損なってしまうのは大変勿体ないのです。

正しい言葉を使う為に正しい日本語を覚えましょう。

そして普段から正しい日本語を使う様にしましょう。

最後に

最後までお読み頂き有難うございます。

一生懸命に努力をしている方が評価されないのは非常に残念な事です。

努力をした分は評価されても良いと思うのですが、残念ながら信頼の無さは大きなマイナス要因となるのです。

ご自身が低評価で悩んでいるといった方は今回の投稿を参考にして頂き、自分磨きのキッカケになって頂ければ幸いです。

信頼できない後輩や部下をお持ちの方は今回の投稿のポイントを指摘する様にして頂ければと思います。

信頼できない上司やお客様に対してのコメントは控えさせて頂きます。

関連サイト

コメント

  1. 関連投稿

タイトルとURLをコピーしました