プレゼンテーションでの話し方(テクニック)

風景 社会
風景

日本人はプレゼンテーションが苦手と言われています。

学生の頃から発表をする場は少なからずあったのですが、プレゼンテーションを行なっている意識がない点から学ぶ意識はなく、嫌々言葉を連ねていたからではないでしょうか?

プレゼンテーションは話し方が重要なポイントです。どの様な簡単な事柄でも話し手に問題がある場合、伝わらない場合があります。

逆に複雑な事柄でも話し方次第で伝えられる場合もあるのです。

今回はプレゼンテーションにてどの様な話し方をすれば良いのか、「テクニック」についてを投稿致します。

人前で話す事が苦手という方には円滑に話す事ができる様になります。

プレゼンテーションでの話し方(テクニック)

視線のコントロール

プレゼンテーションを行う際に自分の視線について気にした事はありますか?

プレゼンテーションの経験が浅いと原稿のみに集中したり、天井のみに目を向ける方を目にします。

人とお話しをする時、相手が自分を見ずにお話しをしていると、どの様に感じるでしょうか?

殆どの方は視線が合わない場合、自分に興味がないと認識します。その結果、目を見ずにお話しをする方の内容が頭に入らず、印象に残す事ができません。

これがプレゼンテーションの場では話し手の伝えたい事をどれだけ聞き手の記憶に残せるかの重要なポイントとなります。

よって、聞き手の方々の一人一人の目を見ながらお話しをする事が重要となるのです。

敢えて、視線を逸らす

聞き手にお話しの内容の重要なポイントを伝える前に敢えて視線を逸らすというテクニックがあります。

一度、視線を逸らす事により重要なポイントをより深く印象付ける事ができるのです。

視線の先を選ぶ

不特定多数の方にお話しをしている時であるならば、聞き手の方々に視線を向けていれば良いのですが、商談の様な時は視線を向ける相手を選ぶ事が重要となります。

聞き手の内、決定権のある方や一番偉い方、影響力のある方などのキーマンを見つけておく必要があります。

どれだけ必死で聞いて頂いている聞き手の方でも何の決定権もない方に理解をして頂いても意味がないのです。

従って、プレゼンテーションの重要なポイントについては、キーマンに視線を向ける事により印象に残して頂く様にしましょう。

聞き手の方々の一人一人の目を見ながらお話しをする事が重要。

プレゼンテーションの状況により視線を上手くコントロールしましょう

ジェスチャー

プレゼンテーションでは流暢にお話しをする事ができれば良いとお考えの方が多いようです。

確かに流暢な方のお話しは聞き入ってしまいますが、それでは流暢に話せる方しかプレゼンテーションができないのでしょうか?

それは違います。

流暢にお話しができない方でもプレゼンテーションを成功させています。

プレゼンテーションはお話しをする事が目的ではありません。話し手の伝えたい事をどれだけ聞き手の記憶に残せるのかが重要なポイントとなります。

それでは流暢にお話しができない方はどの様にして対応するのか?

それがジェスチャーです。ジェスチャーにより、話し手の言葉をフォローするのです。

重要なポイントに対してジェスチャーを加える事により、より深く聞き手に印象を植えつけて記憶に残して頂くのです。

基本的なジェスチャー

ジェスチャーは人それぞれ異なります。話しの内容と余りにもかけ離れてはいなければ、どのような物でも良いと思います。

例えばの例を挙げます。

  • 話て手側のお話しの場合は自分の事を、聞き手側のお話しの場合は聞き手に対して、手を向ける。
  • 重要なポイントは手を広げて見せる
  • お話しを伺い時は聞き手に耳を向けて耳に手を添える。

などとなります。慣れる事により自然とできるようなります。

プレゼンテーションはお話しをする事が目的ではありません。話し手の伝えたい事をどれだけ聞き手の記憶に残せるのかが重要なポイントです。

ジェスチャーにて言葉をフォローしましょう。

コール&レスポンス

話し手が一方的にお話しをしているだけでは聞き手は疲れて集中力が切れてしまいます。

集中力を回復させる工夫として聞き手に対して質問をし、回答をして頂くテクニックです。

例えば「ここまでは宜しいでしょうか?」など、お話しについて来れているか?などの確認でも構いません。

コール&レスポンスにより、聞き手もプレゼンテーションに参加している事を認識して頂きましょう。

問題を出す

一般的な物よりも優れている物をプレゼンテーションする場合、聞き手に一般的な物について質問をします。

答えを頂いてから話し手より一般的な物よりも優れている点を話す事により、優位性をアピールする事ができます。

聞き手が答えられない時は一般的な物を回答してから、優れている点をお話ししましょう。

なお、常に問題ばかりですと聞き手が飽きてしまうので、話し手が一番伝えたい事に絞るようにしましょう。

眠いですか?と聞く

聞き手がアクビをしている場合、敢えて「眠いですか?」と聞いてみましょう。

その際、話し手が「お話しが難しくて申し訳ありません」など聞き手を気遣う態度をとるようにしましょう。

話し手側が卑屈になる必要はありませんが、聞き手が聞く態度でない場合はプレゼンテーションを行う意味がありません。

休憩を挟んだり、少し雑談をするなど集中力を回復して頂きましょう。

コール&レスポンスにより、聞き手の集中力を回復させてプレゼンテーションに参加している事を認識して頂きましょう。

最後に

最後までお読み頂き有難うございます。

プレゼンテーションのコツは何ですか?と、ある人に聞いた事があります。

その答えは「練習するしかない」との事でした。何回も練習をして場数を踏むしか上達する方法はないそうです。

確かに場数を踏む事により緊張する事もなくなりましたし、視線のコントロールやジェスチャー、コール&レスポンスなどは自然にできるようになりました。

しかし、練習をするにあたり「目指す形」がないと中々難しいと思います。

お困りの方はソフトバンクの孫正義さんのプレゼンテーションをご覧になっては如何でしょうか?

その他にもAppleのイベントなどでもプレゼンテーションを行なっております。

色々と情報はありますので、是非参考にして頂き聞き手を上手くコントロールできるようなプレゼンテーションを目指して頂ければと思います。

関連サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました