尊厳死について考える

景色 真面目な話し
景色

今回のテーマは人によって賛否はあると思います。お気を悪くされる方には申し訳ありません。

尊厳死は人によって色々と考えさせられるテーマです。

それが良い事なのか悪い事なのかも分からない状態なので意見が異なるのは当然だと思います。

しかし意見が違うから考えないと言う事もまた違うと思います。尊厳死についてご自身の意見を持って頂ければと思います。

尊厳死の基本

尊厳死は死を与える行為

尊厳死は自殺幇助、もしくは殺人幇助に当たると言われています。

人を死に至らしめる行為は日本の法律では認められていないからです。

しかし終末医療などの現場では事前に本人の意思表明があり、回復の見通しがなく、家族や親族の了解を得ている状況では痛みの緩和をしつつ、延命措置を行わずに死を選択するケースもあります。

これが現代の日本の尊厳死と言われている行為です。

実はこれも自分の意思を尊重させる基本的人権の尊重と言われる憲法に基づいた行為と言われています。法律の土台である憲法に記されている行為なのです。

尊厳死はどの様に行われるのか

尊厳死はどの様に行われるかイメージはお持ちでしょうか?現在、スイスを始めとする欧州とアメリカのいくつかの州で安楽死が認められています。

例えばスイスでは安らかに眠りそして死ねる液体の薬をコップに入れられて目の前に置かれるそうです。

そのコップの中身を飲むのは自分自身の意思で行うのです。

このやり方の怖い所は中途半端で辞めてしまった時、重度の障害が残る可能性がある事です。しっかりとした意思がないと厳しいやり方なのです。

またアメリカのとある州の例ですが、点滴を用意されるそうです。

点滴の注入開始は自分の意思で行います。点滴ですので徐々に効き始めるのですが少々時間が掛かってしまいます。どちらにしてもイメージとは少々異なっているのではないでしょうか?

我々が持つ尊厳死のイメージ

日本人の我々が持つ尊厳死のイメージは安らかに眠る様にという感じでしょう。

体に管をつけられ、意識もないのに無理やり生かされるくらいなら、意識のないまま死なせて欲しい。それが我々の持つ尊厳死のイメージです。

酸素マスクや体に管を通されて無理やり生かされたり、痴呆症で様々な人に迷惑をかけるくらいならば自分の意思で死を選択するイメージだと思います。

尊厳死を考えるケース

尊厳の尊重

尊厳死は自分の尊厳を尊重して欲しいという願いです。

孤独死となり1週間経ってから見つかり、部屋には畳を毟った後が残っており食べ物に困っていたなどとニュースで流れます。

この方はその様にしたかった訳ではない筈です。

尊厳死の制度があったとしたならば、どうしていたでしょうか?その選択ができる事が重要なのです。

尊厳を守るか否かの選択を個人に委ねるべきではないのかと考えた時に尊厳死と言う言葉が出てくるのです。

介護疲れ

ニュースで時々、老夫婦の切ないニューズが流れます。

例えば奥様が認知症を患ってしまい、正常な時にはもう終わりにして欲しいと訴えるそうです。そして異常行動を起こしては旦那様がサポートします。

お互いに心が折れてしまった時、旦那様が奥様の異常行動が激しい時に行為に及んでしまいました。いわゆる介護疲れです。

施設や病院に入れる金銭的な余裕がなく、子供や親戚とも疎遠になっている状態ですと追い込まれてしまいます。そして、この旦那様は殺人罪となりました。

もし尊厳死が認められていたら、どの様な結果となっていたのでしょうか。

無理やり生かされる

現役の頃に沢山のお金を稼ぎ厚生年金を沢山納めており、年金を沢山頂けるご家庭で、治療費よりも年金の方が多く頂ける場合にこうした行為が見られるそうです。

政府もこうした行為を防止する為に入院の日数が長くなるに連れて入院費や治療費の補助を低くしていくと言った対策をしている様です。

しかし、こんな事をするご家族ですので、家族を殺すつもりかと病院で怒鳴り散らすと言った行為に及ぶ方がいるそうです。

しかし、本当に年金が目当てなのかを立証する事はできず、家族を殺すつもりなのか言われてしまうと治療をせざるを得ないのです。

人の尊厳とはお金の上に成り立っているのでしょうか?

尊厳死の負の部分

人の考えは変わる

人の考え方は時の経過とともに変わってしまう可能性があります。

ある時点では先を諦めていたかも知れませんが何かのキッカケで考えが変わるかも知れないのです。

実にあやふやなのです。

尊厳死を決めた時と実際にその時が訪れた時とで考えが変わってしまう可能性があるのです。その時が来たとしても本当に本人が望んでいる事なのかを実証する事ができません。

それでも現在は終末医療の現場で事前に本人の意思表明があれば、意識不明となった時に医師やご家族が認めた上で尊厳死が行われるケースがあります。そう考えると少々怖い制度なのです。

事故や病気で意識が回復しない

何かの事故や病気で意識不明の状態が続いたとします。その段階ではもう回復はしないだろうと医師から判断をされました。

その時点で尊厳死を認めるでしょうか?未来の医療技術の進歩に期待をして延命をする方が殆どだと思います。尊厳死はどの様な条件で行うのか非常に難しいのです。

ご家族が延命を希望している

無理やり生かされているケースではなく本当に家族に愛されている方もいます。

意識のないご本人は尊厳死を希望していても、ご家族はそれでも生きていて欲しいと願う場合はどうするのでしょうか?

現在の手順では尊厳死ができないケースとなりますが尊厳死が認められた場合は本人が希望していたからと言って執行されてしまうのでしょうか?

もし執行されるのであれば、ご家族はとても辛い思いをしてしまいます。死を迎えると言うのは本人が良ければそれで良いと言う訳ではないのです。

最後に

尊厳死というテーマは本当に奥が深いです。人の意思を固定させる事は難しい事です。

しかし人を終わりにしてしまう行為なのです。

普段からご家族や親しい間柄の方とは良く話しをしておき、自分がどの様な考えを持っているのかと言う事をしっかりと伝えて置く事で本当に尊厳死を望んでいるのか自分を知って貰う事が重要です。

尊厳死と自殺を混同してしまいがちです。

これ以上できる事が無く自分の尊厳を守る事ができなくなった時の最後の手段が尊厳死です。現在の状況だけで判断をし様々な可能性を否定して自分を終わらせる行為ではないのです。

どちらなのかを判断するのは非常に難しい所なので難しいテーマであると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました