障害年金(申請)

景色 真面目な話し
景色

障害年金という年金制度をご存知でしょうか?体に障害を抱え通常の生活が送れない為、健常者と同じ様に収入を得る事のできない方々への年金制度です。

国民年金や厚生年金に加入し保険料を納めている方であれば申請を行えます。

そして障害の度合いにより等級がつけられ等級に基づいた金額を障害年金として受け取る事ができます。

怪我や病気により健常者と同様の収入を得る事ができなくなった時、障害年金を頂く事を考えてみては如何でしょうか?

今回は障害年金の申請についてご紹介します。

申請書類

申請に必要な書類については年金事務所や街角の年金相談センター及び街角の年金相談センターへ相談の予約をして相談を行なった際に「障害年金請求キット」として頂く事ができます。

申請者の状況によって頂く書類が異なりますが相談をした際に適切な物を選択して頂けます。そして頂いた書類を揃えて提出を行えば申請作業は終了となります。

それでは障害年金請求キットの主な物をご紹介します。

障害年金ガイド

改めて障害年金と言うものはどの様な物であるか説明が記載されている冊子となります。

これは相談時に担当者の方から説明を受ける際に使用されます。

障害年金の請求にあたっての注意事項

障害年金の申請を希望する全ての方への注意事項となります。

これについても相談時に担当者から説明を受けます。

病歴・就労状況等申立書

どの様な病歴なのか、お仕事をする際にどの様な状況となっているのかを記入する用紙です。

これは後ほどご説明します。

障害年金請求書

障害年金、もしくは障害厚生年金の請求書となります。

記入内容はそれほど難しくは無いのですが、転職を繰り返している方で都度、国民年金と厚生年金を変更されている方は履歴を追わなくては行けない為、少々面倒かもしれません。

障害年金の請求手続きのご案内

障害年金、もしくは障害厚生年金の請求をする際の案内となります。

この案内に沿って申請に必要な書類を集めたり、障害年金請求書を記載します。こちらも相談時に担当者からの説明があります。

受診状況等証明書

障害年金を申請する為には障害年金を申請する原因となった病気やケガがいつ発生したのかという情報が必要です。

初診日に診察を受けた病院と現在通院している病院が同じであれば、この情報は診断書から確認をする事が可能です。

しかし違う場合はこの受診状況等証明書にて病気やケガの発生日を確認します。

障害年金を申請する原因となっている病気やケガの為に初めて行った(初診)病院に記入をお願いする事となります。

もちろん有料の10割負担で申請者の負担となります。

障害年金には遡及申請という制度があり、病気や怪我の発生から1年6ヶ月後の状態から現在までの年金を遡って頂く事ができます(時効は5年です)。

この様な制度も利用できる為、受診状況等証明書はしっかりと提出しましょう。

どうしても分からない場合やカルテの法的な保存期間は5年となっている為、病院側で証明ができない場合もあります。

その場合は受診状況等証明書を提出できない申立書がありますので、そちらを提出する事となります。

医師の診断書

担当医に依頼して記入して頂く書類となります。

現在の診断書と遡及申請をする場合は障害年金を申請する原因となった病気や怪我の発生から1年6ヶ月後の診断書が必要となります。

病院によって異なりますが1枚1万円ほどかかる様です。遡及申請の場合は合計2枚必要で2万円ほどとなります。

そして依頼して即日作成して頂く事はまず難しいと思われます。担当医によっては1ヶ月ほどかかる場合もあります。

障害年金は申請後に審査が行われ、その審査の基準にこの診断書は重要な情報となります。また記載する内容も過去のカルテを追いながら行う必要がある為、個人的には法外な値段とは思えませんし作成する時間も掛かるかと思います。

申請のヒント

等級

申請後の審査にて何を行なっているのかと言うと、まずは不支給の決定です。障害年金の給付に値しないという事を決めます。

給付の必要ありと判断された後は等級の決定となります。

障害国民年金(基礎年金)では1級と2級、厚生障害年金では1級、2級、3級があります。給付金は1級から順に安くなり障害厚生年金のみに設定されている3級は一時金のみとなります。

詳しくは日本年金機構のhpにて「障害年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)」をご覧ください。

病歴・就労状況等申立書

申請に必要な書類の一つとして病歴・就労状況等申立書があります。

申請代行サービスにお願いをすると申請者にインタビューを行いながら書いて頂ける場合もある様です。

実は申請者にとってこの申立書が一番厄介なのです。

申請後の審査には担当医の診断書が重要な情報となると記載致しましたが、この申立書も審査には重要な情報となります。

この為、この申立書をどれだけ上手く書くかによって審査の結果が変わってきます。

しかし嘘を書く必要はありません。審査をする方に申請者本人、もしくはそのご家族がどの様な状況なのかを正しく伝える書類なのです。正直に記載する事が一番重要なのです。

ちなみに日本年金機構のhpの「病歴・就労状況等申立書を提出するとき」より書類のフォーマットをダウンロードする事ができます。そちらにご自宅のパソコンにて入力して提出する事も可能です。

尚、用紙は両面となっておりますので必ず両面記載して両面を印刷して下さい。

申請代行サービスに頼る

申請を本人ができない時、ご家族が代行して申請をする事ができます。

その際にお時間が取れないなどの状況だからと申請を躊躇われているのであれば申請代行サービスの利用を視野に入れても良いかと思います。

申請代行サービスは障害年金の申請のプロです。

審査の結果、等級が確定するのですが自分で行うよりは審査の決定等級が上がる可能性もあります。

申請代行サービスでは病歴・就労状況等申立書の入力はもちろん、診断書を記入する担当医にもアドバイスを行い病気やケガの状態が申請者と担当医との間で乖離する事がない状態で申請が行えるのです。

この作業により審査にて想定通りかそれ以上の等級の決定に繋がるのです。

しかし、申請代行サービスは有料ですので審査の結果、受給の判断がされた時は成功報酬を支払う必要があります。

等級が上ならばそれだけ報酬が高くなります。

自分で行う

医者の中には診断書へのアドバイスを嫌う方もいらっしゃいます。そういった方が担当医の場合は申請代行サービスの仲介は逆効果となる場合があります。

担当医は自分で診察を行い結果をカルテに残しています。それを曲げる事は医師としては問題のある行為だとも言えるのです。

それならば自分で申請をする事に挑戦をしては如何でしょうか?自分で申請を行う場合はまず病歴・就労状況等申立書を作成しましょう。

そして、それを担当医に渡して診断書を書いて頂きます。担当医とコミュニケーションをとってお互いに相違点があれば修正をする事により乖離はなくなります。

そして当然お金は診断書や証明書のみとなります。

そもそも障害年金はお金に困って申請しますので頂くお金が削られてしまうのは少々厳しいかと思われます。

最後に

少々長くなってしまいましたが障害年金の申請についてでした。

できれば健康でありたいのですが、病気やケガでそれが難しい場合のセーフティーネットの1つとしてご紹介いたしました。

実は障害年金の前に障害者手帳という物があります。

これは自治体が運営しているのでもし障害年金をお考えの方は合わせて区役所や市役所などにも相談をする事をお勧めします。

ちなみに障害年金はうつ病などの精神疾患も対象となっています。そして生活保護とは違い仕事をしていても障害年金は受給できます。

病気やケガでフルタイムで仕事ができず、収入が減ってお困りの方は是非ご検討ください。

尚、年金を支払っていない方には特別障害給付金制度という物があります。色々と条件がある様ですが検討の余地はあるかと思います。

最後に老齢年金も含めて年金を納める事は様々なメリットがある事をお伝えしたいと思います。

コメント

  1. 関連投稿

  2. 関連投稿

  3. 関連投稿

  4. 関連投稿

タイトルとURLをコピーしました