満員電車が怖い、満員電車に乗れない、どうすれば良いか?

景色 真面目な話し
景色

首都圏にて通勤や通学をしている方に避けられないのが満員電車です。

決まった時間に仕事や授業が始まったり終わったりする事から電車への乗車が集中し、起きてしまいます。

交通機関も様々な努力をしているのですが、それでも混んでしまう時間帯は発生してしまうのです。

そして満員電車にて怖い思いをしたり不愉快な思いをすると満員電車が怖くなり、交通機関を利用する事ができなくなったり、人が怖くなってしまいます。

今回は満員電車にて起こる事と回避方法を投稿いたします。

満員電車が怖い、満員電車に乗れない、どうすれば良いか?

満員電車で起こる事

周りの人の気遣いの無さ

本やスマホを満員電車の中でも「読もう」「見よう」としている方がいます。本やスマホが自分の体に刺さる経験は誰でも一度はあるかと思います。

また、場所を陣取り意地でも動かない方もいます。目的地で大勢の方が降りようとしているのに退いてくれない為、人の流れが詰まってしまい乗降に時間が掛かってしまう事もあります。

こうした人達に対する苛立ちがストレスとなり、ストレスが溜まる事によって苦手意識が増長されてしまうのです。

身動きが取れず息苦しい

密室に閉じ込められるだけでも辛いのですが満員電車は密室に閉じ込められ、更に人が密集している状態が続きます。

人の汗や息が気持ちを更に落ち込ませる状態となり、息を吸う事も気持ちが悪いと感じる事があります。

それでも目的地へ向かっていれば良いのですが、事故などで止まってしまうと長い時間に渡り、その状態が続きます。

そして、事故の後に動き出しすと更に混み、人からの圧力を感じる事となります。

この状況に慣れる事ができれば良いのですが、辛いと感じ続けると満員電車に対する恐怖心が芽生えてしまいます。

小言や怒声

舌打ちや独り言で不満を口にされる方の言葉は妙に気になります。

そして、中には余りにもの混雑に周りの人に対して大きな声で怒鳴る方もいます。自分が言われたわけではないのですが、密室に閉じ込められ、人が密集した状態でその様な声は心に刺さります。

こうした事が印象に残り恐怖心が芽生えてしまう事となります。

満員電車では「ストレスが溜まる事」や「恐怖心が芽生える事」が起きています。

回避する手段

なるべく外が見える場所に陣取る

人の目は動く物を追います。従って流れる景色を勝手に見てしまうのです。

流れる景色に目を向ける事により意識がそちらに向けられるので気が紛れます。

尚、地下鉄や時間帯などにより景色が見えない状態ですとこの手段は難しくなります。

時間をズラす

時間をズラす事が一番現実的な手段です。なるべく空いている時間を調べて混む時間帯を回避します。

尚、ズラす余裕がない場合、この手段をとる事はできません。

目的地の近くに住む

そもそも満員となる電車に乗らないといった手段も検討をするべきです。

目的地まで歩いて行ける場所に住んでしまえば電車に乗る必要は無くなります。

尚、こちらも引っ越しができない状況ですと難しい手段となります。

体力をつける

意外かもしれませんが、体力をつける事が満員電車に対する耐性を得るには一番良い事です。

密室に対する恐怖は改善する事はできませんが、人の圧力に対する耐性は体力をつける事で改善されます。

そして、体力をつける過程でストレスを解消する事もできるのです。

「ストレスが溜まる事」や「恐怖心が芽生える事」を実感したら回避する手段を検討しましょう。

満員電車が原因で安定した生活を手放すのは勿体ないのか?

満員電車に対して芽生えた恐怖心と無理やり戦い続ける事が本当に必要なのでしょうか?

戦い続け、必ず勝てるのであれば問題はないのですが、負けてしまった場合はパニック障害や不安障害となり心を病んでしまうのです。

その結果、交通期間を利用できなくなったり、人が怖くなってしまいます。

余程の事情がないのであれば、満員電車に対して恐怖心が芽生えた時点で回避する手段を取り、それが難しい様であれば転職や転校する事を視野に検討・実行しましょう。

人生を変えてしまう原因が満員電車?と思われるかも知れませんが、それだけ心にインパクトを与える物が満員電車なのです。

満員電車でストレスや恐怖心と無理やり戦い続ける事のリスクをしっかり理解して、考えられる手段を検討・実行しましょう。

最後に

満員電車は大変です。

私自身、朝晩の満員電車に悩まされています。

不思議な物で気にならない時は全然問題はないのですが、気になると酷く煩わしく感じます。

凄いストレスを感じた時は途中下車をする事もあります。

重要なのは無理をしない事です。無理をしなければ続ける事ができるのです。

もし、無理をしなければ続ける事ができない状況にあるのであれば、何を優先するのかを冷静に考えましょう。

優先したい物の為と考える事で気が楽になります。

関連サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました