人との関わり(人と接する)

景色 独り言
景色

人と関わる事は難しいです。時には楽しく、時には辛い。

しかし完全に無くしてしまう事は自分を苦しめる事に繋がります。

どんな形でも人との接点を持つ事は自分の為にもなるのです。

今回は人と接する事について投稿致します。人と関わる事が苦手と感じている方が少しでも前向きになって頂ければと思います。

人と接する

小さい頃から学んでいる

人と接する事は小さい頃から行っている行為です。

初めは親と接します。

そして近所の公園などでお友達も出来るかもしれません。

そして幼稚園や保育園で更に接する人数が増えていき、学校へと進んで行きます。

この過程で人との接し方について学んでいき、自分の人との距離感も掴めてきます。

話すのが苦手だと思ったり、人と接する事自体が苦手と感じる事もこの過程で何らかのトラブルがあってその様に感じる様になったと思われます。

苦手と思う事自体は問題はありませんが、苦手がストレスになってしまうと生活をして行くのが辛くなってしまうでしょう。

ツールは何でも良い

人と接する行為は相手を正面に立たせて会話をする事だけではありません。

最近ではチャットアプリやメールなどもありますし、少々古いのかも知れませんが電話という物もあります。

自分がストレスを溜めない適切なツールを利用して人と接する事を諦めないでください。

それでも人と接する事が厳しい場合、書き込みサイトなどもあります。

そこで自分の考えを整理して書き込みを行ってみるのも良いと思います。

但し、あくまでも人と接する練習です。相手が不愉快になる様な明らかに人と接する事を拒絶する様な書き込みは避けましょう。

時には悩むことも大切

人と接していると難しく感じ悩む事があります。

考えは人それぞれ違うので、相手が何を考えているのか分からなくて当たり前です。

従って悩んで答えを見つける事を繰り返して徐々に人と接する事に慣れて行くのです。

相手の事を理解する為には自分の考え方を変える事が近道と言えます。

しかし、どうしても難しい相手の時もあります。

その様な相手とは無理をしてまで接する必要はありません。

徐々に距離をあけて行く様にしましょう。

しかし学校の先生や仕事のお客様など、どうしても逃げる事ができない場合もあります。

その時は相手の気持ちを考える事はやめて、学校であれば勉強の事、仕事のお客様であれば仕事の事を考える様にしましょう。視点を変えるだけでも楽になれます。

人と接する事を止めると

自分の考えを伝えられなくなる

悩んでまで人と接する必要があるのか?と思う方もいるでしょう。

人と接する事は自分の考えを伝える事でもあります。理解されなくても気持ちを伝えられるという事は自分にとってもプラスになるのです。

苦しみやストレスの発散

自分の気持ちを伝えられない状態は非常にストレスを感じる事です。

自分が現在、何に悩んで苦しんでいるのかを言葉にしないと相手には伝わりません。

また相手の考えている事を理解できても自分の気持ちを伝える言葉が浮かばないと反論ができず、ひたすら自分の中で悶々とした物が残るだけとなってしまいます。

逆に上手く自分の気持ちを伝えられると気持ちが晴れます。

人と接し、伝える事はストレスの発散にもなるのです。

人と接する事を止めてしまうとストレスの解消の手段の一つを失う事となってしまうのです。

心の病に繋がる可能性もある

人と接する事が難しく上手く気持ちを伝える事ができなくなってしまうとストレスも徐々に溜まって行きます。

他の方法でストレスの発散ができれば良いのですが、その手段も分からずにいると徐々に心の病に侵されて行きます。

その結果、自律神経失調症やうつ病など治るのに時間が必要な病気となるのです。最近、上手く人と接する事ができないと悩んでいる方はカウンセリングなどを受ける事をお勧めします。

最後に

人と関わる事で自分が助けられたと感じた経験はありませんか?相手が友人であったりお店の店員さんでも構いません。

そんな経験を他の誰かにもしてあげる事で人と関わる事が楽しくなると思います。

世の中には色々な人がいます。

中には感心してしまう様な考えを持った方もいます。

そういった宝探しも人と関わらないとできる事ではありません。人と接する事を前向きに楽しむ様にしてください。実は私は酷い人見知りでした。

人と話しをするのが苦手だったからです。しかし幸か不幸か私の周りには話しかけてくれる人がいました。

そういった方々がいなかったら私も人と関わる事を辛く難しい事と感じていたと思います。

とは言え人と関わる事を苦手と感じる方の気持ちも理解できますので無理をしない程度に人との距離を縮めて行って頂ければと思います。

自分は何も持ってないと思っている方でも人に何かを与える事が出来るかも知れないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました