消費税増税 軽減税率

景色 独り言
景色

現在は2019年9月です。10月より消費税が8%から10%に増税が行われる予定となっています。

以前、消費税の増税について投稿を致しました。その際に軽減税率について軽く触れましたが、今回は少しだけ深く軽減税率について触れたいと思います。

軽減税率の対象となる物と対象とならない物を改めてご確認頂ければと思います。

そして、あわせて実施されるキャッシュレス決済によるポイント還元についても簡単に触れたいと思います。

消費税増税 軽減税率

軽減税率とは?

消費税は逆累進性が高い税制度と言われます。

逆累進性とは収入の低い方(低所得の方)ほど税金の負担率が高くなるという事です。

所得税や住民税などは収入に応じて税金が計算されるため、収入が高い方ほど収める税金が高くなります。これを累進課税と言います。

一方、消費税は物を購入する度に支払う税金の為、収入に関係なく支払う税金となります。

例えば、100万円の収入の内10万円が税金となるのと、1000万円の収入の内10万円が税金となるのとでは収入に対する税金の割合が異なり、1000万円の収入の収入に対して1%の税金を支払う事となりますが、100万円の収入の方は収入の10%を税金として支払う事となります。

ただでさえ、生活に困窮している低所得者の方に対してさらに税金が上がってしまう事となります。

こうした逆累進性による負担増をなるべく回避する為の措置として軽減税率(実際には据え置きですが)を用いる事となりました。

軽減税率とは低所得者の負担増を回避する為の措置

軽減税率の対象品は?

軽減税率の対象となる物ですが、前述の通り低所得者の負担増を回避する為の措置ですので、軽減税率の対象品は生活に必要な物に限られています。

以下は軽減税率の対象品です。

  • 飲食料品(食品、飲料用の水、ノンアルコール飲料
  • 飲食料品の譲渡(テイクアウト、出前、学校や老人ホームで提供される食事、ホテルや旅館の冷蔵庫内の飲料、果物狩り等で持ち帰る分)
  • 週2回以上発行される定期購読の新聞

以下は軽減税率の対象外品です。

  • 飲食料品に該当しない物(家畜用の動物、観賞用の魚、水道水、保冷用の氷、ドライアイス、料理酒を含む酒類、みりん
  • 飲食料品に該当しない物(レストラン、出張料理、屋台、社員食堂や学生食堂で提供される食事、ホテルのルームサービス、果物狩り等で果物狩りの施設内での飲食)
  • 電子版の新聞、コンビニで販売されている新聞

慣れるまで難しそうです。

ノンアルコール飲料はアルコール度数が1%未満の物となります。また「みりん」については「みりん風」であれば軽減税率の対象となりますが、「みりん」ですと軽減税率の対象外となります。

その他、学校で提供される食事は軽減税率の対象となりますが、学生食堂での食事は軽減税率の対象外となります。義務教育の給食は軽減税率の対象と記憶しておけば良いでしょう。

気になるのは水道水が軽減税率の対象外といった点でしょうか。政府は水道水に対して飲料という認識が無いようです。

低所得者に対する負担増に対する措置の軽減税率といっても、電気・ガス・水道などの生活インフラにはしっかりと消費税が増税される点が何とも言い難い所です。

軽減税率対象品と対象外品を理解する必要がある

軽減税率はいつまで?

それでは軽減税率はいつまで続くのか?といった疑問があります。

今の時点では期限は設定されていません。

あくまでも予測ではありますが、当面は続くと思われます。

現在の時点では期限は不明

キャッシュレス決済

2019年10月より消費税の増税が行われる予定ですが、9ヶ月の限定(2019年10月1日~2020年6月30日)にて経済産業省が主体となったキャッシュレス決済によるポイント還元を受けられる制度が実施されます。

キャッシュレス決済とはクレジットカードや電子マネーなどを利用する事で現金を使用しない決済方法です。(スマホにキャッシュレス決済の機能があれば、そちらも利用可能です。)

使用できるクレジットカードの会社や電子マネーの指定はありますし、ポイント還元を受けられるお店にも指定がありますが、消費税の増税分のポイント還元を受けられる仕組みとなっているので、是非利用したい制度です。

詳しくはリンクを御一読頂きたいと思います。

最後に

最後までお読み頂き有難うございます。

いつの間にか消費税の増税を迎える事となりました。

今回の増税にて軽減税率を設けた事により販売をする側はレジの対応などかなり厳しい対応を求められたようですが、消費者目線では前回の増税ほどの混乱は無いように感じます。

最後に個人的な意見となりますが軽減税率を設けるなら住宅用の光熱費も対象として欲しかったと思います。

住宅用か事業用かの区別が難しいのでしょうか?

関連投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました