満員電車で苛立ちを感じた事(立っている時編)?!あなたも身に覚えがあるかも知れない!!

simacat ビジネスコラム
simacat

朝も晩も問わず、通勤時には混み合う電車。

たまに座れた時でも立っている人による攻撃が激しい時もありました。

混み合う電車は本当に厳しい環境です。

今回は満員電車にて実際に経験した苛立ちを感じた事の「立っている時編」を投稿致します。

止めて欲しいと思いますが不可抗力の場合もあると思っております。

身に覚えのある方も多くいらっしゃるとは思いますが、他人事だと思い、楽しくお読み頂ければと思います。

満員電車で苛立ちを感じた事(立っている時編)?!あなたも身に覚えがあるかも知れない!!

学生仲間

これは帰宅時に多いのですが、満員電車の中で学校帰りと思われる学生達が群れている場合があります。

彼らは仲間から離れるのが怖い様で頑なに群れます。

そして、部活の帰りと思われる大荷物を足元に置いているのです。

正直、邪魔です。

単体でも邪魔なのに群れていると尚更に邪魔なのです。

あまりにも混雑が酷い時には置いてある鞄を蹴ったり踏んだりしてしまいます。

群れるのは電車の外までにして欲しいと思います。

出入り口のドアの不動王

満員電車に乗る際に必ずいるのが出入り口のドアから離れようとしない不動王です。

その場所がそんなに気に入っているのであれば、再乗車不可能となるリスクもありますが、一度降りれば良いと思います。

電車に乗車する時に当然、肩が当たりますが「何、肩を当ててんだよ!」的な顔をします。

そんな輩を何人か車内に押し込んだ事もあります。

出入り口のドアの不動王と同じ様に車内にも不動王がいます。

決してその場所から動こうとしないのです。

人が降りようが、人が乗ろうが、決してその場所を動く事をしないのです。

電車が遅れる理由の一つにラッシュ時の乗降に時間がかかる為と言われていますが、半分はこの様な輩が原因となっている筈です。

最近は車内に防犯カメラがついている様なので、この様な輩を要注意人物として記録しておく事をお勧めします。

オラオラのお兄さん

多分、電車に乗り慣れていないのでしょう。満員電車の時間帯、特に夕方の時間帯に現れます。

満員電車なので当然、車内は大混雑な訳ですが、周りの人に「押すんじゃねー!」とか「何度言えばわかるんだ!」などイキってきます。

車内では乗客から言い掛かりを付けられた人に同情の視線が一斉に浴びせられます。

車内の混雑により体を動かす事はできそうもないので暴力事件にはならないと思いますが、少しカオスに陥ります。

スマホ

これが一番、苛立ちを感じます。

恐ろしい程の混雑具合でも無理やりスマホを見ようとする方がいます。

もはや、人の背中をスマホで刺すレベルの方も見掛けます。

「スマホは混雑具合を考えて見なさい」と心から感じます。

同じ様に本や新聞の方もいらっしゃいます。

もう少し、人との間隔が広がったら好きにすれば良いと思いますが、密着している状態ではひたすら瞑想を試みて欲しいと思います。

つり革泥棒

満員電車にて必死に吊革を握って体制を維持しています。

しかし、あまりにも疲れたので持つ手を変えようと一瞬離した隙に横取りをする方がいます。

タイミングが悪く、つり革に握った手を握ってしまう事がありました。

皆さん必死なのは分かるのですが、取り合いは止めて欲しいですよね。

耳元でガムのクチャクチャ

満員電車では人との距離がかなり近い状態となります。

その様な環境の中、自分の耳元でガムをクチャクチャされた事がありました。

あれは苛立ちよりも気持ちが悪さを覚えました。

頭が脂ギッシュおじさん

満員電車では身動きをとる事ができません。

そんな中、前のおじさんの頭が脂ギッシュだったのですが、そのおじさんが上を向く様に立っていました。

おじさんが上を向くと言う事は脂ギッシュな頭が自分の顔に向かってくると言う事で、何かの罰ゲームを想像させる程の恐怖感を覚えました。

実際、自分に触れる事はなかったのですが、怖すぎる思い出でした。

最後に

満員電車では色々な事が起こります。

匂いのそうですし、シャツごしに伝わる汗のビチョビチョも堪らなく逃げ出したくなります。

犯罪とまではいかないまでも、それに似た様な事は日常茶飯事で起きているのです。

また、その場所に必ず入らなくてはいけません。

辛いです。

在宅ワークなどがもう少し一般化すれば満員電車も減るのでしょうか?

どうか1日も早く、そうの様な社会になって頂く事を望んでいます。

関連投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました