障害年金申請代行とは何をしてくれるのか?メリットとデメリットを解説!!

猫 年金・保険・その他セーフティーネット

以前、障害年金の申請について投稿を致しました。

お困りの方のお役に立てていれば光栄です。

以前の投稿の際に障害年金申請代行サービスに触れさせて頂きました。

今回はこの代行サービスについて触れたいと思います。

障害年金申請代行とは何をしてくれるのか?メリットとデメリットを解説!!

どの様なサービス

障害をお持ちの方で日々の暮らしにお困りの方々で年金を納めている方を対象にした障害年金と言う制度があります。

この障害年金の受給資格については認定審査が行われ障害の度合いによって等級が決められます。

詳細については関連サイトをご参照ください。

この認定審査に通り易い申請書を作成して頂けるサービスです。

代行サービスの会社によっては担当医の診断に付き添い申請に通り易い診断書となる様にアドバイスをするケースもあります。

正式に依頼をする際に着手金を受け取り、障害年金の受給が決定された際に成功報酬を支払うというのが一般的ですが、最近は着手金を無料とする会社もあります。

どの様な方々?

代行サービスは社労士(社会保険労務士)の方が多いです。

年金事務所または街角の年金相談センターの相談員は全国社会保険労務士会連合会が運営しています。

よって申請をする窓口の方と同業の方の年金のエキスパートの方が代行サービスを行っています。

ちなみに申請自体は社労士でなくては行けないかと言うとそうではありません。

誰でもできます。家族であれば代理で行う事も可能です。

具体的に何をして貰えるのか?

具体的にどの様な事を行うのかは代行サービスの会社によって違いますが、成功報酬にて稼いでいる以上、障害年金の受給に向けた動きをして頂けます。

一番初めは年金事務所または街角の年金相談センターへの付き添いです。

どの様な症状が出ているので障害年金の申請に来たのかを相談員に伝える必要があるのですが、この際に何を話すのかをアドバイスして頂けます。

そして病歴・就労状況等申立書のサポートです。

こちらの書き方次第で認定審査の結果が変わってしまいますので、この申立書の中身の精査をして頂けます。

例えば現在の状態についてはその状態に至るまでの状況と現在の状況。

訴求申請をされる際は発病から1年6ヶ月頃の状況も漏れなく記載する事を求められます。

そして代行サービス業にもよりますが担当医の受診に付き添い、当時の診断では担当医が拾いきれていなかった症状などがある旨を伝えて病歴・就労状況等申立書と整合する様な形で診断書の作成をして頂きます。

メリットとデメリット

メリット

代行サービスを利用するメリットですが病歴・就労状況等申立書の作成のアドバイスを頂ける事です。

一番初めに記入する際に何をどの様に書いて良いのか分からないと思います。

代行サービスでは認定審査に通り易いポイントなどを抑えた記入のやり方を教えて頂けます。

また、記入自体が難しい場合もあります。

その際は書類の作成も請け負ってもらえる会社もあります。

障害年金の申請をする際は病歴など辛かった事を思い出さなくてはならず、とても心の重い作業ですので、その部分を代行して頂けるのは申請をする立場としてはとても有難い事だと思います。

また思い出せない部分についても何とかすくい上げる努力をして頂けるので漏れなく申請書を作成する事ができます。

デメリット

代行サービスを利用する際のデメリットですが、お金がかかる事です。

着手金や成功報酬など支払う必要があります。

会社と等級によって違いますが例えば2等級であれば2ヶ月分プラス税が多い様です。

少々高い気もします。あと、忘れては行けないのが認定される等級は約束された物ではありません。

お金を払っても不支給となるケースもあり、着手金が無駄となるケースもあります。

そして年金事務所や街角の年金相談センターでは代行サービスの仲介をお断りしているケースがあります。

同じ社労士同士と言う事で申請書類の認識の相違などのトラブル回避の為なのか、これについては少々不明です。

そして医師が診断書を作成するにあたり代行サービスの仲介をお断りしているケースがあります。

実はこれが一番厄介なケースです。病歴・就労状況等申立書を作成しても医師がこの申立書を否定して自分の診断通りに書いてしまうと書類の内容の相違となり認定審査に通らないケースがあります。

結局は担当医のサポート次第

障害年金の認定審査は認定医が行います。

お医者さんです。

実名は伏せられていますが認定医が障害の支給・不支給や等級を判定しています。

よって、診断書と言う物が大きなポイントとなります。

担当医の中には障害年金の申請に使用する診断書の記入を嫌がる方がいます。

この診断書は過去に遡ってカルテを追って記入をする必要がある為、非常に手間と時間のかかる作業なのです。

そして手間と時間が掛かる割にはあまり儲からないのです。

うつ病など精神の病は障害年金の受給に祭しては微妙なラインにあります。

よって担当医のサポートなしでは受給に至るのは非常に難しいのです。

もし、うつ病などの疑いで心療内科を受ける際は患者の立場を理解し、適切なアドバイスを行ってもらえる様な病院を探して受診をする様にしましょう。

最後に

今回は障害年金申請の代行サービスについて触れてみましたが、個人的には代行サービスは特別な状況を除いて一度不支給の決定がされてから利用したいサービスかと思います。

そもそも代行サービスが必要な年金システムに疑問を感じています。

障害年金を貰うべき方が不支給の扱いを受けたり、軽傷でも代行サービスにより支給の判断が下されたり。

実は地域によっても支給・不支給の判断基準はバラバラであったりしています。

年金財政の厳しさから障害年金の審査基準が厳しくなっていると聞きます。

本来は障害を負っているのに審査が何であるんだろうとは思いますが、不正受給の対策なのでしょう。

最後に病歴・就労状況等申立書のポイントについて触れておきます。

  • 読み易い文章である事
  • 自分の症状とその時の気持ちを正直に記載する事
  • 経済的に自立できない経緯と状況を明記する事

上記の3ポイントを踏まえて担当医に診断書を依頼しましょう。

記入した病歴・就労状況等申立書を渡して整合が取れている様にお願いするのが良いと思います。

これをしてくれない担当医ですと障害年金の認定は非常にハードルの高い物になります。

関連サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました